ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

原子炉損傷で放射性物質が漏れ出している可能性 福島第1原発・3号機

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 原子力安全・保安院は2011年3月25日10時半頃の記者会見で、福島第1原発・3号機の原子炉の一部が損傷し、中から放射性物質が漏れ出している可能性があることを発表した。

 NHKの報道によると、原子力安全・保安院は、前日24日に作業員3人が被ばくした福島第1原発・3号機のタービンがある建物で、「運転中の原子炉の中の水の約1万倍の濃度の放射性物質が検出されたことについて、放射性物質を閉じ込める機能が低下し、原子炉から外に漏れ出している可能性がある」との見方を示したとしている。

丹羽一臣

【関連記事】
麻生太郎元首相、被災地・福島で相馬市長ら現地スタッフを激励
宇宙飛行士は1日で地球上の半年分の放射線を浴びる
福島第1原発・3号機から黒い煙 作業員退避

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。