ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『エイジハラスメント』主題歌担当の花岡なつみ あこがれの武井咲を表敬訪問 対談レポート到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 武井咲が総務部の新人OLとして奮闘する姿が話題の木曜ドラマ『エイジハラスメント』。主題歌「夏の罪」(8月12日発売)を歌う新人シンガー 花岡なつみが撮影現場に表敬訪問し、武井咲と対談を遂行。その対談レポートが到着した。

<あこがれの先輩、武井咲に得意の手作りケーキをプレゼント>

 武井咲と花岡なつみが顔を合わせるのは、昨年8月に行われたオスカープロモーション主催【第14回全日本国民的美少女コンテスト】以来となる2回目。花岡は緊張しつつも『エイジハラスメント』のキービジュアルの1つ、武井がもつ黄色い旗からイメージしたというひまわりの花束と、あこがれの先輩のために手作りしてきたケーキを武井にプレゼント。この世界に入る前から武井の大ファンという花岡は「顔が好み」と直球告白。「武井さんになりたいくらい好き!」と語るかわいい後輩からの差し入れに、武井は満面の笑みで「撮影が続いていてちょうど甘いものが食べたいと思っていたのでうれしい」と、気持ちのこもったプレゼントを受け取った。

<新人OL役の武井が、新人歌手・花岡との対談でデビュー当時の心境を……>

 ドラマでは初めての新人OL役に挑んでいる武井。デビュー目前の花岡との対談で、自身が新人だったころを思い出し「今すごく楽しいんだろうな~」としみじみ。「右も左も分からないけれど、全部が新しくて。事務所の方にいろいろ教えてもらって、さみしい思いをすることもなく楽しい思いばかりしてきました」と当時を振り返った。

 花岡は「最近、「夏の罪」がお店で流れているよと友だちから連絡をもらったりして、だいぶデビューの実感がわいてきました。まだ信じられない部分も大きい」と話し、目標は「いろんなジャンルの歌を歌える歌手になりたい。ダンスも小さいころからやっていたので、ダンスナンバーにも挑戦したいです」と明確。これを聞いた武井は、「剛ちゃんに話を聞いたらいいね!」と、同じ事務所の剛力彩芽にアドバイスを仰ぐことを勧めた。

 また、自身も一度レコーディングに挑戦している武井は「私の場合は、いろんなことを考えちゃってのびのび歌うことができなかった……(笑)。花岡さんの歌は、見た目の若くてかわいいイメージと違っておとなっぽくてカッコいいし、自由に歌っている感じがあって気持ち良さそう。今のまま自分の好きな歌を自分らしく歌っていってほしい」と先輩としてエールを送った。

 さらに、花岡から武井に休日の過ごし方について質問が。武井は「目覚ましを掛けずに寝て、好きな時間に起きたら、最近は料理にハマっているので何を作ろうかなと考えながらスーパーに買い物。あとは犬の散歩。つまらなそうでしょ?(笑)」と照れ笑い。花岡は「体を動かすのが好きで、最近はホットヨガにハマっています」とのこと。武井は「今度、連れて行ってほしい。この仕事は体力勝負のところがあるので、運動はやった方がいい!」と力説。「運動でもお菓子づくりでも、気持ちもオフにすることが大事」とアドバイスした。

<『エイジハラスメント』チームが六本木夏祭りに登場! 花岡は生歌を披露>

 そして、武井と花岡は来る8月4日、テレビ朝日六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATIONの【『エイジハラスメント』テレ朝夏祭り浴衣でトークライブ!&主題歌ライブ】にそろって出演。ドラマからは瀬戸康史、内藤理沙、原幹恵、小泉孝太郎といった豪華キャスト陣が浴衣姿で登場し、花岡は、武井を含むキャストに見守られながら多くの観衆が集まるオープンエアスペースで、主題歌「夏の罪」の生歌を披露する予定となっている。

 「ドラマの出演者の方々と一緒のステージに出させていただけることはとてもうれしいです。精一杯歌いたいと思います」と花岡。武井は「生で聴けるのはうれしい。貴重なデビュー曲を歌う姿を拝見できるのは特別な気分。すっごくたくさん人が来るよ(笑)。だから気持ちいいと思う。楽しみにしています」とプレッシャーも楽しんでほしいと期待を込めた。

◎イベント【『エイジハラスメント』テレ朝夏祭り浴衣でトークライブ!&主題歌ライブ】
8月4日(火)SUMMER STATION LIVEアリーナ(六本木ヒルズアリーナ)
START 14:30 ※スケジュール変更に伴い、開演時間等が変更になる可能性があります。
出演者:武井咲 / 瀬戸康史 / 内藤理沙 / 原幹恵 / 小泉孝太郎 / 花岡なつみ(主題歌アーティスト)
入場料:無料

関連記事リンク(外部サイト)

花岡なつみ 鬼束ちひろ作詞作曲による武井咲主演ドラマ主題歌でメジャーデビュー
レディー・ガガがU2のライブにサプライズ登場&共演!
Chu’s day. ワンマンライブで夢と希望に溢れた“新たなスタート” 10/12に次回ワンマン開催発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。