ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

REBECCA オリジナルアルバム7作品のハイレゾ配信開始、8月には横アリ2daysも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月28日に東京・豊洲PITにて20年振りにステージに立ったことも話題となったREBECCA。オリジナルアルバム7作品のハイレゾ配信が本日29日よりスタートした。

 ハイレゾ配信に際しては、発売当時のオリジナルアナログマスター(※アルバム『BLOND SAURUS』のみ44.1kHz/16bitのCD用マスターを使用)から世界的ミックスエンジニア、プロデューサーでもあるGO HOTODAがリマスタリングを担当。本年1月にHOTODA氏がリミックスを行い、配信限定でのリリースとなった「REBECCA-revive-(「フレンズ-revive-」「RASPBERRY DREAM-revive」)」以降、オリジナルアルバムのハイレゾ化も期待されていただけに、ファンのみならずとも待望のハイレゾ配信となった。

 なお、REBECCAは、8月12日と13日の2日間、横浜アリーナでのライブ【-Yesterday, Today, Maybe Tomorrow-】を予定。およそ14万通の応募があり即日完売した為、11月29日にさいたまスーパーアリーナで追加公演を行う。

関連記事リンク(外部サイト)

REBECCAが再結成を発表 20年ぶりのライブを横浜アリーナで2DAYS開催
REBECCA(レベッカ)30年の時を経て名曲「フレンズ」蘇る ハイレゾ配信開始
石井竜也 米米CLUBデビューから30年の軌跡辿ったライブヒストリー映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP