ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ欲しい!スマホで“3D写真”が簡単に撮れるガジェットがついに登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

対象物を立体的に撮影し、さまざまな角度から見ることができる3D写真

便利で面白そう!と思う反面、まだ私たちの生活にはそれほど馴染みがないのが現状だ。

そんな3D写真をぐっと身近にしてくれそうなガジェット「Bevel」が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場し、話題を集めている。

・イヤホンジャックに差し込むだけ!

「Bevel」は、スマートフォンやタブレットで本格的な3D写真が撮影できるガジェット。

サイズは2.5インチ(約6cm)ほどで、イヤホンジャックに差し込み、対象にレーザーライトを当てていくだけで、すぐに撮影完了!

ライトは目に当てても安全なものを使っているので、人や動物の顔を撮影しても問題ない。

・SNSでシェアも簡単

撮影した画像は、アプリを通じてSNSでシェアしたり、GIFアニメとして保存することも可能。

使い途は無限大だが、“3Dセルフィー”をみんなで撮影したり、お出かけ先でスイーツや草花、彫刻作品などを記録するのもよいだろう。

・価格はたった49ドル!

 

これだけの機能でも驚きだが、現在1つ贈呈に必要な出資額はたった49ドル(約6000円)!かなり低価格で手に入れられるのも嬉しい点だ。

これまでもスマホで3D写真を撮影するアプリなどは出ていたが、このクオリティと機能でこの価格はかなり注目に値するのでは?

「Bevel」は、iOS、Androidに対応しており、8月27日まで出資者を募集中。

Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/matterandform/bevel-3d-photography-for-any-smartphone-or-tablet

Kickstarter(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP