ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネクソンとEA、FPS『Titanfall』を新作PCオンラインゲームとしてアジアに向けて提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オンラインゲーム事業を行う株式会社ネクソンは7月29日、連結子会社であるNEXON Koreaと米国のElectronic Arts(以下、EA)が、FPS『Titanfall』(PC/Xbox One/Xbox 360)の新作PCオンラインゲームをアジア地域で配信する契約を締結したと発表した。

【関連:『チートツール』使用者摘発を受け、業者は軒並み扱い終了】

Titanfallは、Respawn Entertainmentが開発しEAが配信を行っている作品。パイロットが「タイタン」とよばれるロボットにのりこみ、ロボットでシューティングが楽しめるのが特徴。
Respawn Entertainmentは米国カリフォルニア州ロサンゼルス市に拠点を置く独立系ゲーム開発スタジオで、共同設立者のVince Zampella氏は、世界的ヒット作『CALL OF DUTY』シリーズの開発会社Infinity Wardの共同設立者としても知られている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP