ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

49ドルの低価格!スマホで簡単に3D写真が撮影できる「Bevel」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホで簡単に3D写真を撮影できる新ガジェットが、たった49ドルという価格でKickstarterに登場し、話題を呼んでいる。

・ヘッドホン・ジャックに装着するだけ!

「Bevel」は、お手頃価格の3Dスキャナーなどを手がけるニューヨーク発のスタートアップ、Matter And Form 社が開発している商品。

使い方も簡単で、縦6.35センチの小さな「Bevel」を、スマホのヘッドホン・ジャックに装着し、撮影ボタンを押すだけ。

するとレーザー・ライトが作動し、対象を測定。すぐに3D写真ができあがるのだ。

なお、ライトは目に当たっても安全なものを使っているそうで、人の顔を3D化することもできる。

できあがった3D写真は、表面のディテール、テクスチャー、色なども驚くほどの再現力だ。

・写真のようにFacebookでシェア

注目すべき点は、撮った映像が写真と同じようにFacebookなどのSNSでシェアできること。写真をクルクル動かすことができて、ぐっと3Dが身近になりそうだ。

・3Dを普及させるためのミッション

3Dスキャナーは数年前に大ブームになったが、Matter And Form 社はさらに3D技術を安く、簡単にアクセスでき、生活を豊かな物にするために開発をおこなっている。

・販売予定価格49ドル!


「Bevel」の販売予定価格の49ドルは、まさに、高機能なカメラを普及させるための格安設定だ。

8月29日まで出資を受け付けており、発送は2016年1月の予定。(日本への送料は25ドル)

SNSで3D写真をシェアすることがあたり前になるきっかけとなるのか、今後の動きに期待したい。

Kickstarter (Bevel)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP