ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KANA-BOONの主題歌披露に『NARUTO』原作・岸本斉史が感動!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『BORUTO –NARUTO THE MOVIE-』の完成披露試写会舞台挨拶が7月28日(火)に東京都内で行なわれ、『NARUTO-ナルト-』原作者にして同作の製作総指揮を務めた岸本斉史、そして三瓶由布子、菊池こころ、小野賢章、浪川大輔ら豪華声優陣、さらに主題歌の「ダイバー」を書き下ろしたKANA-BOONが登場した。

昨年、連載スタートから15周年を迎えた大ヒットコミック『NARUTO-ナルト-』は、『週刊少年ジャンプ』50号で惜しまれつつも完結。しかし、連載完結と同時に「NARUTO新時代開幕プロジェクト」が開始され、今回の劇場版最新作『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』はプロジェクトの集大成とも言うべき作品になっている。

シリーズ11作目にして初めて製作総指揮を務めた原作者の岸本は“連載が終わって、連載以上に映画の製作に情熱を注ぎ込みました。初号を観ましたが、完璧です。大満足でした”と現在の心境を語った。また、KANA-BOONを主題歌に起用したことについて、“テレビアニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」のオープニングテーマだった『シルエット』を聴いたとき、僕のこと歌っている、と思わず涙がでました。次に映画をつくるなら主題歌はKANA-BOONに、と決めていました”と明かした。

KANA-BOONの谷口鮪(Vo&Gu)は“主題歌に決まったときはめちゃくちゃ嬉しかったです。小学生の頃からナルトと一緒に育ってきました”と喜んだ。また、“主題歌の『ダイバー』は、この作品のために一生懸命つくりました。映画にぴったりな曲になったので、是非お楽しみください”と、メンバー全員が『NARUTO-ナルト-』の大ファンであるKANA-BOONが描き下ろした主題歌「ダイバー」を生披露。映画の世界観とリンクした楽曲に、会場のファンも盛り上がり、客席で聴いた岸本は“また泣きそうになりました。また僕のために歌ってくれた”と感想を語った。映画は8月7日(金)ロードショー。

イベント写真提供:東宝

■KANA-BOON オフィシャルHP
http://www.kanaboon.com
http://www.kanaboon.jp

BORUTOプロモーション映像「受け継がれる道」
https://youtu.be/FFPbqldBAwQ

「ダイバー」MV&メイキング映像
https://youtu.be/XCuA5qyAyPA

シングル「ダイバー」
2015年8月5日発売
【初回生産限定盤】
KSCL-2613~4/¥1,500+税
【通常盤】
KSCL-2615/¥1,165+税
<収録曲>
01.ダイバー
02.スパイラル
03.街色
※CDサイズ「ドデ缶バッジ」付き(初回生産限定盤のみ)
※BORUTO特製ステッカー・どうでもいいオマケ007封入(初回生産限定盤のみ)
※BORUTO描き下ろしワイドキャップステッカー・どうでもいいオマケ007封入(通常盤・初回のみ)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
KANA-BOON、新曲「ダイバー」MV&メイキング映像公開
鈴村健一プロデュース、90分間全てアドリブの舞台劇とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP