ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソーラーエネルギーをシェア!Airbnb型プラットフォーム「Yeloha」が誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

太陽光発電は、代表的な再生可能エネルギーとして有望視されてきたが、まだ十分に活用されているとは言いがたい。

エネルギー研究所(IER)によると、米国で、太陽光発電が全電力量に占める割合は、わずか0.4%にとどまっている。

・ソーラーエネルギー版“Airbnb”が誕生

2015年6月に創設された「Yeloha(ヤロハ)」は、居住地の条件や所得レベルによらず、誰もが太陽光エネルギーを利用できるようにするためのP2P型オンラインプラットフォーム。

空き部屋マッチングサイト「Airbnb」のように、一般家庭の屋根で発電した太陽光エネルギーを供給する“ホスト”と、これを消費する”利用者”とを結びつけ、必要なエネルギーを融通し合う仕組みとなっているのが特徴だ。

Yelohaは、比較的日当りがよく、太陽光発電に適した家屋に、ソーラーパネルを無償で設置。

ソーラーパネルが設置された世帯は「Sun Host(サン・ホスト)」と呼ばれ、自宅の屋根で発電されたエネルギーのうち、25〜30%程度を、無料で利用できる。

残りのエネルギーは、Yelohaを通じて、「Sun Partner(サン・パートナー)」と呼ばれる利用者に割安な価格で売却。

マンション居住者など、ソーラーパネルを所有していない人でも、太陽光エネルギーを利用し、これによって、電気料金を従来よりも低く抑えられるというわけだ。

・再生可能エネルギーの分野にもシェアリング・エコノミーの波?

Yelohaは、現在、マサチューセッツ州のみで展開しているが、順次、全米に対象エリアをしていく方針。

シェアリング・エコノミー(共有経済)のコンセプトを再生可能エネルギーの分野に応用しようという取り組みとしても、今後の動向が注目される。

Yeloha

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP