ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日焼け止め、SPFやPAが高いほど良い?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SPFは紫外線UVB、PAは紫外線UVAに対する防御指数

梅雨が明けると紫外線の力は一気に強さを増し、私たちの肌を傷めます。美肌を保つためにも日焼け止めクリームは必須アイテムですが、効果や性能を示す指標が高ければ高いほど良いのでしょうか?

まず「SPF」は、紫外線UVBに対しての防御指数を意味します。UVBはメラニン色素を増やし、主にシミの原因になります。一方「PA」とは紫外線UVAに対する防御指数で、こちらは皮膚の奥深くまで届き、しわやたるみの原因になります。しかも、このUVAは、窓ガラスなども通過するので曇りの日でも注意が必要です。

長時間、紫外線を浴びる場合は数値の高いものを選ぶ

SPFは50までの数値で表され、PAは防止効果が強いほうから「++++」「+++」「++」「+」と4段階に分かれます。数値は、紫外線を浴びたときに赤い斑点が皮膚にできるまでの時間を、何倍長くできるかを表したものです。

たとえば、赤い斑点ができるまでに20分ほどかかる人が、SPF30の日焼け止めを塗った場合、「20×30=600分」、約10時間の効果が期待できるということになります。数値は、紫外線の「強さ」に対処できる数値ではなく、紫外線を浴びる「時間」に対する効果を指しているのです。

海や山など、紫外線の強い場所に行くから「数値が高いもの」を選ぶのではなく、海や山などは紫外線を長時間浴びるため「数値が高いものを選んで使う」というのが正解です。

肌への負担を考え、外出の目的や自分の肌にあった日焼け止めを

数値が高いほど効果も高いのですが、比例して肌への負担も増えてしまいます。外出の目的に合わせて選ぶことが重要です。また配合成分により2種類に分けられます。「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収し皮膚に届かないようにします。塗り心地は良いのですが皮膚に刺激を与え、かぶれを引き起こすこともあります。敏感肌の人には、紫外線吸収剤が配合されていないものがオススメでしょう。

また、「紫外線散乱剤」は、紫外線を反射して皮膚に届かないようにします。肌への負担は小さいですが、白くなりやすく使い勝手が悪いのが難点です。

両方が組み合わされたものもあり、各メーカーで異なります。パッチテストなどをして、肌に合ったものを見つけてください。塗る量が少なすぎると効果が半減します。クリーム状を顔全体に使うならパール玉2個分、乳液状なら1円玉2枚分が目安です。スプレータイプを使用する場合は、斑にならないよう気をつけてください。

通常、開封した日焼け止めクリームの消費期限はおよそ1年です。酸化したクリームを使っていないかもチェックしてみてください。

(秋山 由貴美/エステティシャン)

関連記事リンク(外部サイト)

「だてマスク」で目指す肌美人
今から気をつけたい紫外線対策
夜より朝、5分でできる顔の乾燥対策

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP