ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【国内初】携帯回線利用のスマホ連動型テレマーケシステム 通話コストは1/10に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

営業マンにとって、電話営業は地道ながら堅実で重要な営業手法だ。

とはいえ、テクノロジーが発達した現在だからこそ、より効率的に電話営業をおこないたい…。そんなニーズに応えるシステムがWidsleyから7月28日にローンチされた。

・国内初、携帯回線を利用したCTIシステム

それが、アウトバウンドに特化したテレマーケティングシステム「Tel Force」である。「Tel Force」では、スマートフォンと連動し、発信に携帯回線を利用した、国内初のCTI(Computer Telephony Integration)を採用。

・通話コストを10分の1に削減

これは、発信用サーバーを社内に1台設置しておき、各ユーザーはブラウザを通じてサーバーにアクセスして、スマートフォンを起動するという仕組みだ。電話代コストを従来の約10分の1に抑えることができるという。

・業種ごとにカスタマイズ設定が可能

また「Tel Force」では、業種ごとに特化してカスタマイズ調整ができるようになっており、業務に合わせた設定をおこない、最適化できるのも大きなメリット。

・さまざまな便利機能

通話、内容記録が終了した時点で、次のダイヤルをスタートする“オートコールモード”、電話先の重複を防止するために、担当付けをおこなえる“マイボックス”機能のほか、クレーム先や競合など、特定の電話番号を“禁止番号”登録したり、通話内容を記録・再生したりする機能なども用意。

地域別・最終コール日などのステータスでリストを絞り込むことなども可能で、時間ごとのコール数の集計や分析にも役立てられる。

・テストケースでは3倍の打電数、通話料80%削減も

あるテストケースでは、1日あたりの打電数が3倍、通話料が80%削減できたという数値も出ているとのことで、電話営業を主力とする企業、コールセンター業務を取り扱う企業の新たな力となってくれそうだ。

Tel Force

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP