ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真をその場で確認できるLightroomのテザー撮影で、悲しい再撮影を防ごう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、ディレクターのあゆみです。

Web業界にいて度々思うことなんですが、写真素材がもったいないな……と感じること、ありませんか?

Webサイトの素材、どうしよう?

クライアントからありがたくいただいた素材とはいえ、
「なんでここ切れちゃってるの……」「てゆうかこれピント甘くない……?」「どうして背景のオフィス、もうちょっと気を使わなかったの……(ボケてるとはいえ、ほかの社員こっち見てるのわかるし、机の上もなんだか散らかってるし、商品名想起できるペットボトルとかあるんですけどーーーーー!)」「色々Photshopの魔法をかけたけどやっぱり無理!!! 奥の手で人物切り抜いて背景敷こうと思ったけど、F値下げすぎてて髪の毛の切り抜き微妙!!! すごい微妙!!!!!」
って経験、ありませんか?

なおかつここ1〜2年で、ビジュアル面にこだわるサイトが増えてきたもんだから、写真クオリティのピンキリ幅が広がり続けています。端(ピン)から端(キリ)はもう見えない距離、遥か彼方にいるのです。

こうなったら自分たちで撮影を入れよう! でもプロのフォトグラファーに頼むと金額的に厳しいし、タイミングの調整次第では撮影できるのは一体いつになるのだろう?? こうなったら内製で撮るしかない……!という事態もあり得るかもしれません。

というより、私は結構な頻度で内製を行なっています。
最終的に元を取れるはず!ということで、おねだりの結果、チームでNikonの一眼レフ「D750」を買ってもらうことに成功しました。「D600」からパワーアップ! 嬉しい!

リスクを排除!テザー撮影でその場確認

とはいえ、自分たちで撮影を行うということは、自分たちで撮影に関する全リスクを負うということになります。

一生懸命日程を調整して、クライアント先に行ってオフィスや社員を撮影し、帰社。デザインに当て込んでクライアントに見せたら、

「この表情だとイマイチなので、なんとかなりませんか?」
「商品の角度が微妙なので、なんとかなりませんか?」
「背景にこれが映ってるのまずいので、なんとかなりませんか?」

………。

これらの依頼が画像加工でなんとかならなかった場合は、再撮影が必要になってしまいます。再撮影をお願いできるだけまだマシで、モデルさんや超絶忙しい社長さんの撮影だったらどうしますか? あのとき怒られてでもいいから聞いておけばよかった……。ああ、撮影時に戻りたい……。という後悔に襲われること請け合いです。

とはいえ、カメラの背面液晶で見るのにも限度があるしどうしよう……(1枚1枚、あの小さい画面をクライアントと一緒に逐一拡大してピントや背景を確認しますか?)というときにオススメしたいのがテザー撮影です。

テザー撮影とは?

 撮影した画像をPCのモニターですぐ確認できる!

以上です。ピントが甘くないか、いらないものが写っていないかなどなど、みんなで即時に確認できるので超便利です。更にはそのままPCにデータを保存していけるので、バックアップの不安も軽減されます。

肝心のやり方

前置きが長すぎてすみません。やり方は超簡単なので今すぐ取り入れるのが吉です。

必要なもの

カメラ本体
PC
テザー撮影に対応したソフトウェア(本記事は比較的持ってる人が多いであろうLightroomですが、メーカーごとのソフトもあります。CanonであればEOS Utility、NikonであればCamera Control Pro 2など。Canonは無料ですが、Nikonは有料で2万円くらいします)
USBケーブル(3〜5mくらいがおすすめ)

Lightroomのテザー撮影に対応している機種はこちらからご確認ください。

テザー撮影対応カメラ機種一覧

https://helpx.adobe.com/jp/lightroom/kb/cpsid_85069.html

早速テザー撮影をしよう

※以下のキャプチャは「Lightroom CC 2015」です。

カメラとPCをケーブルでつなぐ

そんな長いのないよ!という方もいると思いますが、1〜2,000円程度で買えます。USB延長コードもありますが、抜けるところが多くなるのは現場ありきの撮影にとってリスクとなるので、できる限り避けたほうが良いと思います。

Lightroomを立ち上げ→テザー撮影を開始

「ファイル→テザー撮影→テザー撮影を開始」です。

テザー撮影の設定

すると、こんな画面が出てきます。

セッション名……その撮影の名前を、後からわかるようにつけておきます。
(わたしはいつも「LIGinc_office_0707」など撮影の案件名+撮影日などで名付けたりします)
名前……撮影した写真の名前のつけ方を指定できます
保存先……名前の通り
情報……メタデータには著作権などの情報を入れることができます

名前の指定に関して

このように細かく設定できるので便利です!

カスタム名……好きな名前をつけてください
セッション名……ひとつ上の段で設定したセッション名を使用します
ファイル名……メーカーごとの写真のファイル名です
(Nikonの場合の「DSC_0037.JPG」みたいな)

一番下の編集からはもう思いのままです。意外と憂鬱なリネーム作業が楽になりますね。

さあ撮影です

画面上に↓のバーが出てきたら撮影できます。

 
ちなみにバーの見方は……

3〜6のカメラの設定数値は表示されるだけで、ここでは設定をいじれません。

 
7の現像設定では指定の雰囲気で出力することができます。

ポジ風とかカラーフィルターかけたりとか粒子だしたりとかいろいろできますよ!

あとはシャッターを押すだけ!

仰々しく書きましたが、1〜2分で十分設定は終わるのでご安心ください!

はい、即モニターに反映! (わたしのデスク上のTEDのフィギュア)
超簡単ですね。

さいごに

これでクライアントにどんどんその場で確認してもらえるようになりました。

偉い人たちがモニターを見てうんうん唸るようなスタジオでの豪勢な撮影だけでなく、いろんなシチュエーションでテザー撮影はとても有効だと思うので、ぜひ活用してください。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP