ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超特急、新曲「Beautiful Chaser」MVのテーマは“7つの大罪と暗闇と光”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

左上から:コーイチ/カイ/ユースケ/ユーキ/リョウガ/タクヤ/タカシ
超特急が、9月9日にリリースする最新シングル「Beautiful Chaser」のミュージックビデオが公開された。

北川景子主演、フジテレビ系木曜劇場「探偵の探偵」の主題歌「Beautiful Chaser」は、超特急 feat. マーティー・フリードマン名義で発売される。マーティー・フリードマンのヘヴィなギターをフィーチャーしたハードロックチューンとなっており、ダークかつエモーショナルな、これまでの超特急にはない世界観を魅せてくれるナンバーとなっている。

今作の超特急のMV監督を務めた大喜多正毅は、これまでMr.Childrenの「Sign」や「HANABI」、UVERworldの「REVERSI」や「IMPACT」などのMVを手がけ、独自の映像美を作り上げてきた。「Beautiful Chaser」のMVは「7つの大罪と暗闇と光」がテーマとなっており、無数の照明を設置された巨大な空間で撮影が行われた。

sin(罪)×7人で、7つの大罪をそれぞれのメンバーがイメージカットで表現。誰がどの罪を犯したのかも見所のひとつ。MVでは、黒い衣装に身を包んだメンバーが、暗闇の中で鋭いライティングがまたたく中、シリアスに力強くパフォーマンス。メンバーのダンスと歌にライティングがシンクロし、楽曲の壮大な世界観を表現している。

さらに、超特急史上初となる、「Beautiful Chaser」の15分に渡るMusic Story Filmが製作されていたことも明らかになっている。本作は、映画「牛乳王子」、「パズル」などを手がけてきた内藤瑛亮が監督を務めている。

このMusic Story Filmは、超特急史上初のハードヴァイオレンス・アクション作品であり、完全自主規制版という、ショッキングなシーンの連続の作品となっている。超特急のイメージを覆すMusic Story Filmは、7月30日に、ニコニコ生放送にて独占先行で公開される。

「Beautiful Chaser」MUSIC VIDEO

番組情報
ニコニコ生放送独占放送「Music Story Film」
放送日時:2015年7月30日(木)20:00-22:00
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv229111299

リリース情報
超特急 feat. マーティー・フリードマン
シングル「Beautiful Chaser」
初回限定盤A(CD+Blu-ray)ZXRC-1025 2,400円+税
収録曲(CD)
M-1:Beautiful Chaser(フジテレビ系 木曜劇場『探偵の探偵』主題歌)
M-2:HOPE STEP JUMP(超特急主演『サイドライン』10/31(土)公開主題歌)
M-3:fanfare
収録内容(Blu-ray)
Beautiful Chaser[MUSIC VIDEO]
初回プレス封入特典
トレカ(メンバーソロ計7種のうち1枚をランダム封入)

初回限定盤B(CD+Blu-ray)ZXRC-1026 2,400円+税
収録曲(CD)
M-1:Beautiful Chaser(フジテレビ系 木曜劇場『探偵の探偵』主題歌)
M-2:HOPE STEP JUMP(超特急主演『サイドライン』10/31(土)公開主題歌)
M-3:One/O Signal
収録内容(Blu-ray)
Beautiful Chaser[MUSIC VIDEO]
初回プレス封入特典
個別握手会応募抽選券付き

通常盤A(CD)ZXRC-1027 1,200円+税
収録曲
M-1:Beautiful Chaser(フジテレビ系 木曜劇場『探偵の探偵』主題歌)
M-2:HOPE STEP JUMP(超特急主演『サイドライン』10/31(土)公開主題歌)
M-3:fanfare

通常盤B(CD)ZXRC-1028 1,200円+税
収録曲
M-1:Beautiful Chaser(フジテレビ系 木曜劇場『探偵の探偵』主題歌)
M-2:HOPE STEP JUMP(超特急主演『サイドライン』10/31(土)公開主題歌)
M-3:One/O Signal

関連リンク

超特急 オフィシャルサイトhttp://bullettrain.jp/
超特急 レーベルサイトhttp://www.stardustrecords.jp/artist/train/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP