ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スヌーピーミュージアムが六本木に来年開館!世界初の分館で今まで知らなかったスヌーピーの魅力に触れよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日本でも多くのファンを持つスヌーピー。スヌーピーと仲間たちの心温まるストーリーと可愛らしさに魅了されている人も多いのではないだろうか。

そんなスヌーピーファンの聖地と言われる、米カリフォルニア州サンタローザにあるシュルツ美術館が、世界初のサテライト(分館)となる「スヌーピーミュージアム」を2016年3月に東京都港区六本木に開館する。

「スヌーピーミュージアム」の開館には、スヌーピーが活躍する「ピーナッツ」そのものに親しんで頂き、漫画の奥深い魅力や、スパーキー(シュルツ氏の愛称)の知られざる横顔に触れ、スヌーピーたちを益々好きになって貰いたい想いが込められている。

「スヌーピーミュージアム」は2018年9月までの期間限定での開館される予定の企画で、スヌーピーたちが活躍するコミック「ピーナッツ」 の原画や、作者チャールズ・M・シュルツ氏の初期の作品、貴重なヴィンテージグッズ、資料等を6ヵ月毎に入れ替えて紹介する。

また、敷地内には素敵なモニュメントや楽しい仕掛けを配し、ハロウィンやクリスマスなど季節に応じた多彩なイベントを開催!「スヌーピーミュージアム」をイベント時に訪れれば、より一層スヌーピーの世界に浸ることができそうだ。

また、ミュージアムショップでは限定品やオリジナルグッズを販売。カフェでは「ピーナッツ」にちなんだスペシャルメニューを提供するなど、スヌーピーファンには至れり尽くせりの嬉しさ。

六本木に開館する「スヌーピーミュージアム」で、いままで知らなかったスヌーピーの世界を思う存分楽しんで!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP