ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安藤サクラ×新井浩文主演映画『百円の恋』海外映画祭にて2冠受賞

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年末12月20日公開以降【東京国際映画祭】日本映画スプラッシュ部門 作品賞をはじめ、国内映画賞10冠に輝き、異例のロングランヒットを記録中の武正晴監督作品『百円の恋』が、海の向こうでも旋風を巻き起こしている。

 今春より、イタリア、ドイツ、中国、スコットランド、台湾、アメリカ、韓国と各国の映画祭に続々と正式出品される中、7月9日~19日に米国・ニューヨークで開催された、北米最大の日本映画祭の一つ【第9回JAPAN CUTS】にて、主演・安藤サクラが<日本映画に最も貢献した映画人>を讃える「第4回CUT ABOVE賞 for Outstanding Performance in Film」を受賞。役所広司、豊田利晃監督、北村一輝の歴代受賞者に続き、女性として初受賞の快挙を成し遂げた。

 続いて、7月16日~26日に開催された【第19回プチョン国際ファンタスティック映画祭】では、『百円の恋』が、最も注目すべきアジア映画に与えられる「NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)」を受賞。同映画祭では、45か国から235作品(長編145本、短編90本)が上映され、日本からは成島出監督の『ソロモンの偽証』や吉田大八監督の『紙の月』、堤幸彦監督の『イニシエーション・ラブ』など33作品が正式出品された中、『百円の恋』が日本映画では唯一の受賞となった。

 今後もカナダ(ファンタジア、バンクーバー)、米国(サンフランシスコ ジャパン)、フランス(キノタヨ)など、国際映画祭への正式出品が相次ぐ。また、中国、香港、台湾、東南アジアなど世界18の国と地域での公開も決定しており、快進撃はまだまだ続きそうだ。

(C)2014東映ビデオ

関連記事リンク(外部サイト)

深津絵里、染谷将太は「俳優じゃない」 映画『寄生獣』で共演し絶賛
安藤サクラ&桃子、姉妹で“W受賞”桃子「妹を傷つけるのが一番怖かった」
安藤サクラ「現場で家族を超えられた」キネ旬ベスト・テン表彰式で主演女優賞

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。