ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本株 年末まで2万5000円、来年~再来年3万円の展開予測

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ギリシャや中国の金融危機にもかかわらず日本株が堅調だ。その強さの背景には、日銀のETF(上場投資信託)買いに加え、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)をはじめとする年金マネーが相場を下支えする構造がある。

 日本企業の業績も好調に推移しており、前期(2015年3月期)に続き、今期(2016年3月期)も過去最高益を更新する見通しだ。また、今年10月に予定される日本郵政グループ(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険)の大型上場によって50万人もの個人投資家が生まれるといわれる。個人投資家が主役の株ブームに火を点ける可能性があるというのだ。

 好材料が目白押しの日本株の展望について、「年末までに日経平均2万2000円台が望める」と多くの専門家が予想しているが、それを上回る「2万5000円」を見据える声も少なくない。岡三オンライン証券営業推進部長の稲田弘文氏の予想だ。

「日経平均はアベノミクスに対する期待から第1波である理想買いで始まり、9000円から1万5000円まで一気に駆け上がった。その後は企業業績を背景とした現実買いによる第2波で2万1000円近くまで上昇した。ここからさらに第3波が来れば、少なくとも2万5000円は視野に入る」

 さらに強気な見方を繰り出すのは、武者陵司氏(武者リサーチ代表)である。

「日銀の金融緩和や年金マネーの買い支えというサポート材料は確かにあるが、それは本質ではない。いま起こっていることは、企業価値の実態が著しく改善していることです。企業収益が過去最高となるなど、日本企業はかつてなく儲かる体質になっている。それによって日本株の株式価値が著しく高まっている。

 そうであるにもかかわらず、PBR(株価純資産倍率)などの指標で見れば、いまだに日本株は世界で一番割安な水準といえます。その見直しが進めば、年末までに2万5000円になる可能性はあるし、来年から再来年にかけて3万円を目指す展開まで予想されます」

 大きな死角が見当たらない日本株。あとは、株式市場の盛況が実体経済に波及することが望まれる。

※週刊ポスト2015年8月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年金ファンド ノルウェーでは過去20年間10%以上の運用実績
年金の仕組み 国民年金は「素うどん」で厚生年金は「天ぷら」
世界トップランクの欧州年金ファンド 日本株比率引き上げへ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP