ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】ユーザー同士でおしゃべりできる!楽しさ倍増のSNS「キャストルーム」を直撃

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Facebookを皮切りに、あっという間に世の中に浸透したソーシャルメディア。

今や現代人にとって、欠かせないサービスとなり、まだまだ進化の余地があると言われている。

そんな中、日本国内からも期待のサービスが登場した。それが、匿名リアルタイム音声SNS「キャストルーム」である。

他のユーザーと音声でやり取りができるという、従来SNSより、一歩踏み込んだコミュニケーションに期待大。今月配信されたiOS版の評判も良く、今後の展開が楽しみだ。

開発を手がけたのは、ベンチャー企業のヌルタキカク。代表の塗田 一帆(ぬるた いっぽ)氏が、取材に応じてくれた。

・人生の挫折を機に誕生したアプリ

Q1:「キャストルーム」開発のきっかけを、お聞かせください。

企画を思いついた当時、私は引きこもりでした。

高校卒業後、プロの演奏家をめざして、音楽大学に入学したのですが、2年目で見事に挫折し、心が折れてしまい、学校に通えなくなってしまいました。

そんな時期に、唯一自分の中で“やりたい”と思ったのが、アプリの制作でした。

早速、都内のIT企業にインターンとして入り、プランニングの勉強を始め、その中でできた企画のうち、「キャストルーム」に最も可能性を感じたので、それを形にして世に出すために、会社を立ち上げて、開発を始めました。

Q2:「キャストルーム」とは、どんなサービスなのでしょうか。

「キャストルーム」は、複数人の相手と、リアルタイムで音声をやりとりできる、匿名のSNSです。

PTT(プッシュトゥートーク)という変わった方式を採用していて、5秒以内で録音した自分の声を発信して、同じ“部屋”にいる全員と、共有することができます。

離れた人と、同じテレビ番組を見ながら実況をしたり、自分の好きな話題を設定して“部屋”を作り、そこに来た人と話すこともできます。

イメージとしては、ニコニコ動画のコメントの音声版というのが、近いかと思います。

・独自開発のUIを採用!追加機能も続々実装予定

Q3:従来のSNSとの違いは、どこにあるのでしょうか。

一番大きな特徴は、“声”でやりとりするという点です。

テキストでの会話とは違って、人の声には、言葉以外のさまざまな情報が含まれています。

その人の性別、どんな気持ちなのか、体格はどれくらいなのかまで、細かく伝わります。

また、会話のメイン画面には、独自の丸い形のUIを採用していて、音声の流れが視覚的にわかりやすくなっております。これについては現在、特許出願済みです。

Q4:今後の展開について、教えてください。

事業としては、来月組織変更の手続きをした上で、“株式会社キャストルーム”として、あらためてスタートします。

資金調達を検討していて、会社を大きくしていこうと思います。

サービスとしては、まず、Android版を来月くらいにリリースする予定です。

それから追加を検討している機能が、60件以上溜まっているので、重要なものから随時実装していきます。

一例をあげると、音声コマンドでの操作を可能にして、目や身体が不自由な方でも楽しめるようなシステムを、作りたいと思っております。

勇気を持って、新たな一歩を踏み出した塗田氏。

ご本人同様、サービスも、大きく成長しそうな予感がする。

キャストルーム

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。