ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これはユニーク!“あなたの顔”がプリントされたパンケーキはいかが?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

すっかり身近なテクノロジーになった3Dプリント。今やプラスチックなどのマテリアルをプリントするだけでなく、“食べ物”を出力する技術としても注目が集まっているようだ。

・“ユーザーの顔”をプリントするパンケーキメーカー

「Kinneir Dufort」では、3Dプリントの技術を活用し、“ユーザーの顔がプリントされたパンケーキ”を出力するユニークな装置の開発を進めている。

開発チームの1人、Ian Hollister氏によると、このパンケーキメーカーには、CNC (Computer Numerical Control、計算機数値制御) の技術と、顔認識の技術が併用されている。

・層ごとにパンケーキ粉を焼いていく

特殊なソフトウェアによって制御されるシステムが作動し、ホットプレートの上に、層ごとにパンケーキ粉を吐出。その際、より細かく複雑な画像をパンケーキの表面に再現することができる。

さらにその次の層が加えられ、この作業を繰り返し、焼き色の加減などに変化を付けつつ、パンケーキ表面上に、ユーザーの顔を再現していくという流れだ。

・顔写真から必要なデータを抽出

もちろん、焼き始める前にユーザーの顔写真データを用意する必要がある。

デジタルカメラで撮影した顔写真は、画像解析ソフトウェアによって、輪郭線や濃淡のコントラストなど、“焼き上がり”に必要な情報を抽出。これらの測定されたデータをもとに、パンケーキ粉ディスペンサーの動きを調整する。

このパンケーキメーカーがすごいのは、焼き上がりの肝となる、熱加減やタイミングの見極め。おかげで、ユーザーの顔をそっくり再現するだけでなく、食べて美味しいパンケーキが出来上がるというわけだ。

・カフェなど専門業者にもおすすめ

もちろん、個人が自宅で毎朝の朝食用に使ってもよいし、カフェやレストランなどの専門業者が、“ユニークでカスタマイズされたパンケーキ”を提供すれば、大きな話題を呼びそうだ。

Kinneir Dufort

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP