ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

変死体を発見した3人の男子高校生が、死の真相に迫る青春ミステリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いじめ、SNSといった時代の世相やディテールを反映しながら、現代の若者たちの孤独、痛み、絶望、そして希望を描く、台湾映画『共犯』が公開中。

同じ学校に通っていながら、口もきいたことのなかった3人の男子高校生・ホアン、リン、イエ。ある日、偶然同じ時刻に通りがかった路地で、同じ学校の女生徒・シャーの変死体を発見する。この奇妙な出会いをきっかけに、仲良くなっていった3人は、シャーの死の真相を調べ始める。やがて、彼女が同級生からいじめられていたのではないかという疑惑が持ち上がり――。

監督を務めるのは、視覚障がいのピアニストを描いた映画『光にふれる』で、台湾金馬奨新人監督賞を受賞したチャン・ロンジー監督。
シャーはなぜ死んだのか? 事件の真相とともに、思いがけない方向に発展、加速していくストーリーから目が離せない。

『共犯』
監督:チャン・ロンジー
出演:ウー・チエンホー、チェン・カイユアン、トン・ユィカイ、ヤオ・アイニン ほか
(2014年/台湾)
公開中
Double Edge Entertainment © 2014 All rights reserved.
http://www.u-picc.com/kyouhan/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP