ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まいにちの日課にブログを始めよう。はてなブログを始めて気づいたこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、ウェブディレクターの浦川です。
最近1日に朝と晩、2回お風呂に入っています。
寝汗がすごいんだもの。

今回は僕が最近「はてなブログ」を始めて、気づいたことなどをまとめさせていただきました!

なぜやろうと思ったのか?

理由は下記の3点でした。

 
SNSはやっているけど、ブログのような自分の思ったことや感じたことを定期的に書く場所を持ちたい。

 
自分自身、ウェブのディレクションだけではなくて、いずれ、コンテンツライティングなどもできるようになりたい。文章を書くことを訓練していきたい。

 
生活の中で日課とするようなことをつくることにチャレンジしたい。

そのような思いから、はてなブログ「まいにちショウアクのすけ」というブログを始めてみました! 毎日、掌握小説のようなものを書いています。
もしお時間があれば、みなさまぜひ!!

なぜはてなブログなのか?

自分がSNSなどでよくみる、シェアされているブログが「はてなブログ」だったということが大きな理由でした。
ブログ=はてなブログというイメージがあったのです。

あと、以前「はてなブログは濃いよぉ〜」という話を聞き、僕もその「濃さ」というものをみてみたいなと思って、参加しました。

はてなブログをやってみて気づいたこと

まだ1週間程度しかやっていませんが、気がついたことを!

1. 読み手のことを意識して文章を書くこと

はてなスペースなどを活用して、積極的に他ユーザーの方ともコミュニケーションを取っていく中で、「もっと自分は読み手を意識した書き方をしないといけないな」と痛感しました。

わかりづらい表現や、誤解されるような表現はなるべくしたくないと思います。
普段企画書やメールなどで作文することはありますが、それとはまた違った気遣いといいますか、読み手を意識した書き方をしていきたいなと思います……!

2. シェアすることの重要性

ブログを開設してから、毎日更新をし始めて、4日間はPVがあまり伸びませんでした……。
1日平均で10PV程度……。

しかし、Facebookでブログを開設したことを告知したり、はてなスペースに参加してブログの更新を告知した途端、1日のPV数が300以上に……。
(といっても他のブログをやっている方からするとたった300か……って感じだとは思うのですが……私には天文学的数字なのです!!)

ちゃんとコンテンツを作ったら、それを告知する!
いつも仕事ではやっていることなのに、始めて4日はそれにも気づきませんでした……笑

3. 積極的なコミュニケーションをしていこう!

またはてなブログの中には、面白い、個性的なコンテンツ制作者の方がたくさんいるんだなと思いました!! かわいい4コマを書いている方や時事問題を論じていらっしゃる方、僕のようにエッセイや小説を投稿している人もいます。

そういった方々のブログを読むのも楽しいですし、コメントして、管理人の方からコメントをもらえたりするのも嬉しいですし、管理人の方が私のブログに
スターをつけてくれたり……そのコミュニケーションがとても楽しいです!!

4. 早起きができるようになった

日中は仕事が入っていることもあり、1時間ほど早く起きて、ブログを書くようにしています。そのため、ブログを始めてから、早起きができるようになりました。

また「今日は何を書こうか?」という目線で日々を過ごせることは、少し息苦しい感じもあるのですが、ちょっと嬉しいというか、毎日の小さな出来事や経験を大切に思えるようになったような気がします。
いいやん、はてなブログ!

今後の目標

まいにち更新ができるのか、心配かつ脅迫観念でやばいのですが、できればそうしたいと思っています。
そしてなるべく検索流入を想定したキーワード設定などなど、PVを増やしていく理論のようなものも勉強していきたいと考えています。ですが、できれば、あまりPVを増やすことだけを考えるのではなくて、自分で「これはいい!と思っているコンテンツをわかりやすく伝えるにはどうすればよいのであろうか?」を考えながら運営していきたいと思います。

また今後文章がうまくなって、いつかはディレクターだけではなく仕事の幅も広げられたらいいなぁ……!! とりあえず毎日コツコツ頑張ります!

もしみなさまもお時間があるときにでもご覧になっていただければ嬉しいです……!!

それではみなさん、さようなら!!!!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP