ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタートアップは初速が大事!新サービスローンチ時に連絡すべきメディア6選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、ライターのヘルメです。

さて、今日はスタートアップが新製品や新サービスを発表する際に連絡しておきたいWebメディアを紹介したいと思います。
どんな良い製品やサービスでも、価値がわかる顧客にその情報が届かなければ埋もれてしまいます。そのため、適切なメディアとしっかり連携して認知を広げていくことは、サービスを展開する上でとても重要なことかと思います。

ということで、サービスローンチ時に積極的にコンタクトを取っていくべきメディアを厳選しました。起業には“まだ”興味のない方も、新しいサービスの動向を知られておもしろいはずです。ぜひ、ご一読ください。

スタートアップ系メディア6選

THE BRIDGE

http://thebridge.jp

THE BRIDGEは「起業家と投資家を繋ぐ」をコンセプトに、日本とアジアを中心にしたスタートアップ、テクノロジー情報を発信しているブログメディアです。起業家、投資家、エンジニア向けに毎日10本ほどの国内外ニュースを配信しています。

もちろん無料で閲覧ができますが、会員登録制度もあり、「THE BRIDGE」という会員制イベントが開催される他、その月の記事300本以上をまとめたPDFマガジン「THE BRIDGE Monthly」が月に一度提供されています。
情報感度の高い読者へ優れた発信をしているだけでなく、他スタートアップとの相互作用を高めるコミュニティの一員となれることも魅力ではないでしょうか。

月間UU
54万人

Facebookページ
16,000いいね!

Twitter
30,000フォロー

RSS購読者
7,000フォロー

PR TIMES

http://prtimes.jp

PR TIMESは2007年にサービスを開始し、わずか数年で最もプレスリリースが配信されるようになったニュースリリース配信サービスです。
リリースされる記事は、時事通信社、朝日新聞、Google、iza、livedoor、YOMIURI ONLINE、産経ニュースといった月間1億PV以上の7サイトに併載されます。加えて、月間1千万PV以上のサイトも13サイトあり、圧倒的なPV力が魅力です。

今年1月からは、「スタートアップチャレンジ」を開始しました。いくつかの条件がありますが、それらをクリアしたスタートアップのプレスリリースは配信が無料になります。条件は以下の4つです。

設立年月が24カ月未満であること
上場企業の子会社ではない企業であること
同プログラムの利用申し込みを行い、プレスリリース配信後24時間以内に「企業のフォロワー数」が合計50人以上になること
配信したプレスリリースのPR TIMES上のユニークユーザ数が500以上になること

発信量だけで見るのであれば、圧倒的かと思います。広報にあまり予算を割いていない場合は「スタートアップチャレンジ」を活用しましょう。

月間PV
410万

Facebookページ
84,900いいね!

Twitter
30,500フォロー

TechCrunch

http://jp.techcrunch.com

TechCrunchは、2005年にシリコンバレーでスタートし、スタートアップ企業の紹介やインターネットに関する新しいプロダクトのレビュー、そして業界の重要なニュースを扱うテクノロジーメディアです。

日本では2006年6月から翻訳版となるTechCrunch Japanがスタートしており、その後、日本版オリジナル記事の投稿やイベント開催などがなされています。
読者層は、首都圏に住む20〜40代の男性ユーザーが中心。経営者・役員クラスが全ユーザーの15.2%を占めているのも特徴です。経営者クラスを新サービスの顧客ターゲットに入れているのならば、連絡したほうがいいでしょう。

月間PV
400万

月間UU
160万人

Facebookページ
100,000いいね!

Twitter
50,100フォロー

CNET Japan(朝日インタラクティブ)

http://japan.cnet.com

CNET Japanは国内外のビジネス/テクノロジーに関する情報を先駆けて提供し、ビジネスの意思決定を後押しするメディアです。

市場の「今」を切り取り、ビジネスを創り、リードするために必要な気づき・アイディアを提案しています。タイムリーなテクノロジーニュースはもちろん、迅速な翻訳体制で発信する海外CNETの最新独自情報、オピニオンリーダーによるコラム、インタビューも充実。ビジネスのイノベーションを後援しています。
「働き方」の新しい形をつくっていくようなサービスはとくに歓迎されるのではないでしょうか。

月間PV
1300万

月間UU
300万人

TechWave

http://techwave.jp

TechWaveは、日本を軸に世界へ突き抜けていく人にフォーカスした新興メディアです。「グローバル視点で日本のテクノロジーを考える」というコンセプトで、国内既成メディアの概念を打ち破ることを標榜しています。
IT領域のイノベーター層にフォーカスすることで、広告に依存せず、イベント運営などで収益を上げるモデルを確立しているのも特徴のひとつです。

海外の話題をほぼリアルタイムで記事にするため、国内最速報などが多数。
2015年からはパートナーと共同でコンテンツや事業を展開していくチャネルを常設化し、加えて、数十カ国との記事ネットワークを構築しています。
国内に限らず、国外マーケットも視野に入れた新サービスを展開する場合は連絡するべきではないでしょうか。

Facebookページ
62,000いいね!

週刊アスキー(大江戸スタートアップ)

http://weekly.ascii.jp/sp/startup/

「大江戸スタートアップ」は、2014年秋、週アスPLUSとアスキークラウドの2サイトではじまったスタートアップ・ベンチャーのネタを追いかけるプロジェクトです。Webサービスからスマートフォンアプリ、ハードウェアまで幅広くフォローアップしています。
「週アスPLUS」ではモノ・サービス視点からわくわくするような新サービスの紹介やイベントレポート、「アスキークラウド」ではビジネス視点からスタートアップのビジネスモデル、役立つニュースなどスタートアップ・ベンチャーにかかわる情報を発信しています。

また、「大江戸」と言う名称が付いていますが、東京だけを対象にしているわけではありません。地方からの起業、北米だけでなくアジア・ヨーロッパの情報も発信しており、「スタートアップ」が単なる流行り言葉ではなく、文化として根付いていくよう進めているようです。今回紹介してきたメディアの中ではだいぶ老舗なメディアですが、それだけ訴求力には安定感があるでしょう。

月間UU
800万人

Facebookページ
43,000いいね!

Twitter
65,000フォロー

さいごに

いかがでしたでしょうか?
いままさに新サービスのローンチ間近な方、近い将来ローンチを控えている方、また、いつか自分のサービスで世の中にチャレンジしてみたい!と考えている方は、ぜひご参考にしてくださいませ。

このほかにも、直接ローンチ時には関係がないかもしれませんが、起業家さんが自分の成功や失敗を振り返りながら「起業の方法論」を記事にしている「The First Penguin」や、国内のスタートアップ業界の出来事を著者自身の経験をもとに業界トレンドやファイナンス観点で考察し、読者に問いかけをする記事を中心にした「The Startup」なども目を通すといいかもしれません。

メディアにはそれぞれ特色があります。自分たちのブランディングも考えた上で連携を検討・打診し、いいスタートダッシュをしていただければ幸いです!

それでは!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP