ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たけしに産毛そられる? 映画ヒロイン忽那汐里が美脚を披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ハリウッドで活躍するウェイン・ワンの監督作『女が眠る時』の制作発表記者会見が7月11日、東京・スパイラルホールで行われ、ワン監督のほか、主要キャストのビートたけし(68才)、西島秀俊(44才)、忽那汐里(22才)、小山田サユリが出席した。

 スペイン人作家ハヴィア・マリアスの短編小説を映画化するこの作品。ワン監督しては初となるオール日本人キャストの映画となる。

 ミステリアスな初老の男・佐原を演じるのはビートたけし。自身の監督作以外で主演を務めるのは『血と骨』以来12年ぶりとなる。その佐原の寵愛を受けるヒロイン・美樹には忽那汐里。佐原は美樹の産毛を剃り、寝姿を撮影し続けるなど、“変質者”として描かれているという。

撮影■浅野剛


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ガダルカナル・タカがフライデー事件の真相について語った本
『アウトレイジ』続編 主役級の重い演技に、たけし嬉しい悲鳴
たけし「ブサイクすぎる」で売り出したい元政治家と女詐欺師

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP