ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中村剛也や中田翔ら 大阪桐蔭OB選手が「マン振り」する理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先日開催されたプロ野球のオールスター第1戦では、パ・リーグの3番から6番までに森友哉(西武=2014年卒業)、中村剛也(西武=2002年卒)、中田翔(日本ハム=2008年卒)、浅村栄斗(西武=2009年卒)と4人の大阪桐蔭OBがズラリと並んだ。

 セ・リーグでも打撃10傑に名を連ねる平田良介(中日=2006年卒)と、阪神のエースに君臨する藤浪晋太郎(2013年卒)がプレー。現在、セ・パで活躍する大阪桐蔭出身の選手は13人を数える。いまやプロ球界のトップを形成する一大勢力だ。

 特に、中村(27本)と中田(23本)は熾烈な本塁打王争いを展開中。森も13本を放ち、高卒2年目の選手としては掛布雅之や清原和博、松井秀喜らに続いて史上5人目の2桁本塁打をマークして、話題をさらっている(成績は7月22日終了時点。以下同)。

 大阪桐蔭監督、西谷浩一氏(45)は、教え子の活躍に目を細める。

「中村は高校時代はめったに三振もしないし、柔らかく打つ技術を持っていた。ほとんどバッティングを教えた記憶はありません。中田は元々ピッチャーとして獲ったが、昔から飛距離は非凡なものを持っていた。森はボールを捉える力が、私が教えた中ではナンバーワンでした」

 大阪桐蔭出身の打者には、ある共通点がある。誰もが躊躇なくバットを振り切る「マン振り(フルスイング)」だ。中村や中田はもちろん、特に体の小さな森(169cm)の飛距離は、このマン振りから生まれている。なぜ大阪桐蔭出身の選手たちはあれだけフルスイングできるのか──。

「最近よく聞かれるんですが、私は彼らがたまたまウチのOBだったというだけで特別何か原因があったとは思わないんです。確かに部ではバットを振り込んだり、振り切ったりという練習はやっています。当てにいくよりしっかり振り切るほうが、相手ピッチャーにとってはイヤなものですからね。

 ただ、あくまで高校レベルの指導だから、これがプロに行っていきなりどうこうというのはおこがましい。現在のOBの活躍は彼ら自身の努力、それに球団の育成があってこそだと思っていますよ」

 西谷監督はそう謙遜するが、同校の指導方針を見ていると、OBたちの“マン振り活躍”の理由が見えてくる。

 大阪桐蔭では、第一に選手の自主性を重んじる。型にはめられることはなく、細かい打撃指導などは行なわれない。高校通算55本塁打を放ち、社会人を経て2000年に西武入団、4球団で13年間プレーした後、現在はトムス野球塾を経営する水田圭介氏はこう証言する。

「構えがどうの、タイミングがどうのといった指導はありませんでしたね。打順や体格も関係なく振り切ることだけ重視させられました。そのためか、スランプに陥っても1本出ると体が思い出して、立て続けにヒットが出るということがあった。他のチームメートも同じ感覚を持っていたように思います」

 2005年の夏の甲子園で156キロを出して注目され、ドラフト1位で巨人に入団した辻内崇伸氏(現在は女子プロ野球・埼玉アストライアの投手コーチ)も頷く。

「フォーム指導はありません。同級生の平田は皆に“ヘンな打ち方やな”ってからかわれていましたが、監督はそれを矯正せず、持っているものを磨くというやり方だった。それで平田は1年からレギュラーを獲っていた。僕が3年の時の新入生だった中田は、平田のバッティングを真似していましたね。今も手首を返すのは平田の影響です。もちろん監督には文句をいわれませんでした」

※週刊ポスト2015年8月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大阪桐蔭OBの藤浪と森 中田翔や西岡ら先輩との上下関係配慮
大阪桐蔭裏金説明会「愛は桐蔭を救う」発言にサクラだろと非難
G坂本「監督へのあてつけ」でヤクルト宮本と合同自主トレか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP