体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏本番!本場ドイツのソーセージと樽生ビールで乾杯しよう@『フランツクラブ 新丸ビル』

fra-17_R

夏もいよいよ本番と言う事で、今回はドイツのドラフトビール(樽生ビール)が飲める『フランツクラブ 新丸ビル』を紹介してみましょう。

本場ドイツから直輸入のソーセージと、ドイツのドラフトビール。最高の組み合わせだと思いませんか?

今回も人気がある店なので『LINEグルメ予約』で予約してから訪れてみました。

筆者が滞在していた時間帯も“ほぼ満席”で次から次へとテーブルが埋まる勢いでした。やはり人気のある店は確実に『LINEグルメ予約』で予約してから行くのが正解かと存じます。

飲み放題の『サマーコース』

fra-12_R

『フランツクラブ 新丸ビル』には嬉しい事に、ドイツ直送の樽生ビールが飲み放題な『サマーコース』(2名以上で利用可)があります。

ドイツの樽生ビールが90分飲み放題(お席自体は120分制)なので、迷わず『サマーコース』を利用させて頂きました。

fra-20_R

こちらのコースは『樽生2種類プラン』(6000円)と『樽生6種類プラン』(6500円)が選べるのですが、わずか500円の差額なのでビール党なら迷わず『樽生6種類プラン』で決まりでしょう。

『プレッツェル』

fra-9_R

『プレッツェル』と言えば、スナック菓子を思い浮かべますが、こちらの『フランツクラブ 新丸ビル』で提供されるのは、ドイツの伝統的な“柔らかく焼き上げた”タイプです。

小麦粉とイーストを使っているので、見た目は“パン”のようですが、生地はかなり詰まっている感じで、食感としては日本の“麩(ふ)”に近い感じです。

表面にまぶされた岩塩が、ビールに良く合うドイツでは定番の“おつまみ”です。

『ザワークラウト』

fra-2_R

まさにドイツを代表する料理ですが、似たような”キャベツの漬物”はヨーロッパ各地にあります。

ちなみに『ザワークラウト』の酸っぱさは“酢”による酸味ではなく、自然発酵によるキャベツ自体が持っている“乳酸菌”による酸味です。

つまり生きている“乳酸菌”を食べる健康食となり、肉料理にはぴったりの付け合わせになります。

『ドイツ産生ハム』と『ビアシンケン』

fra-6_R

こちらもドイツ料理の定番でしょうか? やはり肉料理、それもハムやベーコン、ソーセージなどの加工食品はドイツが世界一でしょう。

言うまでもなくビールに合うので、この盛り合わせは嬉しいですね。

サイドに添えてあるピクルスもいい感じです。

『季節野菜のシーザーサラダ』

fra-3_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会