ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏本番!本場ドイツのソーセージと樽生ビールで乾杯しよう@『フランツクラブ 新丸ビル』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

夏もいよいよ本番と言う事で、今回はドイツのドラフトビール(樽生ビール)が飲める『フランツクラブ 新丸ビル』を紹介してみましょう。

本場ドイツから直輸入のソーセージと、ドイツのドラフトビール。最高の組み合わせだと思いませんか?

今回も人気がある店なので『LINEグルメ予約』で予約してから訪れてみました。

筆者が滞在していた時間帯も“ほぼ満席”で次から次へとテーブルが埋まる勢いでした。やはり人気のある店は確実に『LINEグルメ予約』で予約してから行くのが正解かと存じます。

飲み放題の『サマーコース』

『フランツクラブ 新丸ビル』には嬉しい事に、ドイツ直送の樽生ビールが飲み放題な『サマーコース』(2名以上で利用可)があります。

ドイツの樽生ビールが90分飲み放題(お席自体は120分制)なので、迷わず『サマーコース』を利用させて頂きました。

こちらのコースは『樽生2種類プラン』(6000円)と『樽生6種類プラン』(6500円)が選べるのですが、わずか500円の差額なのでビール党なら迷わず『樽生6種類プラン』で決まりでしょう。

『プレッツェル』

『プレッツェル』と言えば、スナック菓子を思い浮かべますが、こちらの『フランツクラブ 新丸ビル』で提供されるのは、ドイツの伝統的な“柔らかく焼き上げた”タイプです。

小麦粉とイーストを使っているので、見た目は“パン”のようですが、生地はかなり詰まっている感じで、食感としては日本の“麩(ふ)”に近い感じです。

表面にまぶされた岩塩が、ビールに良く合うドイツでは定番の“おつまみ”です。

『ザワークラウト』

まさにドイツを代表する料理ですが、似たような”キャベツの漬物”はヨーロッパ各地にあります。

ちなみに『ザワークラウト』の酸っぱさは“酢”による酸味ではなく、自然発酵によるキャベツ自体が持っている“乳酸菌”による酸味です。

つまり生きている“乳酸菌”を食べる健康食となり、肉料理にはぴったりの付け合わせになります。

『ドイツ産生ハム』と『ビアシンケン』

こちらもドイツ料理の定番でしょうか? やはり肉料理、それもハムやベーコン、ソーセージなどの加工食品はドイツが世界一でしょう。

言うまでもなくビールに合うので、この盛り合わせは嬉しいですね。

サイドに添えてあるピクルスもいい感じです。

『季節野菜のシーザーサラダ』

こちらはオーソドックスな『季節野菜のシーザーサラダ』です。彩りも鮮やかでテーブルが賑わいます。

『カルトッフェン』

ドイツ料理と言えば“ジャガイモ”なイメージですが、現在はジャガイモが主食になる事はないそうです。

それでもドイツにはジャガイモを使った料理が数多くあり、この『カルトッフェン』もジャガイモを使っています。

いわゆる“パンケーキ”的な料理で、意外と生地とジャガイモがイイ感じに合っています。

バジルのソースとサワークリームがあるので、味も単調ではなく普通に美味しい料理として仕上がっています。

日本でもジャガイモ料理は、ちょっと地味なイメージがありますが、この『カルトッフェン』は筆者も気に入りました。

『ドイツソーセージ盛り合わせ』

ドイツと言えば“ソーセージ”と“ビール”の国です。やはり、このソーセージが無ければ盛り上がりません。

流石にドイツ直輸入の確かな“ソーセージ”ですので、味の方は言うまでもないでしょう。

むしろ、この“ソーセージ”を食べる為に『フランツクラブ 新丸ビル』に訪れたと言っても過言ではありません。

そして何気にサイドの“ジャガイモ”も美味しく、飲み放題プランにしては贅沢な組み合わせだと思いました。

『ケーゼシュペッツエレ』

南ドイツのショートパスタだそうで、筆者も初めて食べました。

チーズクリームソース仕立てなので、普通にパスタ感覚で食べられます。マカロニと違って、ひとつひとつの大きさや形が微妙に違うので、食感が豊かなのが気に入りました。

『アイスバイン』

岩塩で塩漬けにした“豚のすね肉”を、香味野菜や香辛料で柔らかく煮た、ドイツを代表する肉料理です。

そして、この『フランツクラブ 新丸ビル』の名物料理でもあるので、飲み放題のコースとは別に単品でオーダーしました。

味付け自体はシンプルに“塩味”なのですが、柔らかく煮込まれた“豚のすね肉”の美味しさは格別で、マスタードをのせて頂きます。

“皮付き”のまま煮込まれているのですが、脂っぽさは煮込まれる事で、ほとんど抜けているので意外とさっぱりしています。

残された“ゼラチン質”の食感と、骨周りの豚肉の旨さが引き立つ、ビールに合う最高の一品です。

これは筆者も絶賛で、飲み放題のコースには含まれていませんが、是非とも食べて頂きたいですね。

『自家製スパイシーヴルスト』

もう少し本場ドイツの“ソーセージ”を味わいたいので、これも単品で追加注文しました。

こちらはガーリック風味の『クルカウアーヴルスト』をスパイシーに仕上げた自家製のソーセージです。

その辛さは“チョリソー”に匹敵する本格的な辛さですが、肉の旨みも十分なのでソーセージとしての完成度は高いですね。

『ザッハトルテ』

さしてデザートを欲しない筆者ですが、やはり『ザッハトルテ』だけは別です。

甘すぎないので、筆者のような酒飲みでも締めのデザートとして美味しく頂けます。

こちらも『サマーコース』には含まれていませんが、どんだけ美味しいのか知りたかったので単品で追加しました。

これは文句無しのデザートで、チョコレート系のケーキとしては『ザッハトルテ』が最高かと思った次第です。

『フランツクラブ 新丸ビル』 総評

とにかくドイツのドラフトビール(樽生ビール)と、ドイツ料理に関しては都内でも3本の指に入ると思います。

しかも飲み放題の『サマーコース』ならば、気兼ねなくドイツのビールが楽しめるので、ちょっとした飲み会などでも利用しやすいと思います。

そして、とにかくビールが旨い! 筆者が今回、一番気に入ったのはコチラの『オプティメーター』です。

滅多に飲めない『オプティメーター』なので、ついリピートして2杯飲んでしまいました。やはりドイツのビールは完成度が高いと言うか、どのビールも美味しいですね。

このビールの品揃えならば、きっと自分の好みのドイツビールを見つける事が出来ると思います。

とにかく“ドイツ料理”と“ドイツビール”に関しては、この『フランツクラブ 新丸ビル』に来れば間違いなしです。

それでは是非、みなさんも訪れて本物のドイツ料理とビールを味わってみて下さい。その美味しさと店の雰囲気に、きっと満足されると思いますよ。

『フランツクラブ 新丸ビル』

東京都千代田区 丸の内1-5-1 新丸ビルディング5F

営業時間

月~金  11:00~16:00 17:00~翌4:00
土    11:00~翌4:00
日曜祝日 11:00~23:00

年中無休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP