ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活生注目!総合PR 会社「ベクトル」が、日本初の“映画を楽しむ会社説明会”をシネ・リーブル池袋で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

就職活動の最大の悩みは、「どうすれば入社試験に受かるのか…」ということだろう。でも同時に、「どの会社に入れば、自分の望む仕事ができるのか」、また「希望している会社に入社した場合、仕事内容はどのようなものになるのか」ということを明確に理解したい、という思いも強いはず。

総合PR 会社「ベクトル」は、PR業界への理解を深めてもらうべく、自社を舞台にしたリクルーティング映画「東京PRウーマン」を制作。就活生150名を対象に8月17日(月)、シネ・リーブル池袋にて先行上映する。自社の映画作品を通じて、就職活動中の学生に対する会社説明を行うことは、日本初の取り組みだとか。

「東京PRウーマン」は、ドジで自分に自信のない銀行員の三崎玲奈(山本美月)が、偶然出会った会社経営者の武藤信吾(桐山漣)にPR会社に勤めていると嘘を言ったことがきっかけで、PR会社ベクトルを受け、面接で苦戦しつつも無事合格。入社後は斬新なアイディアで成功を勝ち取ったり、ミスで女優を怒らせてトラブルになったりと、様々な仕事体験を通じて、新しい自分を見つけていくというストーリー。出演は他に山本裕典・袴田吉彦etc.

脚本を手掛けたのは「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の林誠人で、監督は「銭の戦争」「推定有罪」の鈴木浩介。その他豪華な顔ぶれがタッグを組んで制作した映画だけあって、リクルーティング映画でありながら、誰が見ても楽しめるエンターテイメント性の高い仕上がりとなっている。

「PR会社に興味がある」、または「PR会社ってどんな仕事をするのか知りたい」という就活生は、今すぐ専用の応募フォーム(http://bit.ly/1Koaobm)にて必要事項を記載の上、応募してみよう!募集期間は8月6日(木)までとなっている。

映画鑑賞を楽しみながら、同時に就職活動!この日本初の試み「映画上映型 会社説明会」に、ぜひとも参加してみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP