体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

蚊に刺されやすい人「7つの条件」。服装は?血液型は?

生活・趣味
150726_being-bitten

「なんで私だけこんなに刺されるの?他の皆は全然刺されてないのに!」と思っている人、多いかも。

Mental Floss」の記事によると、実際に約20%の人は、特に蚊に刺されやすいタイプであることがわかっているようです。それは、メスの蚊が出産に必要なタンパク質を求めて血を求めていることに起因しているとか。

もちろん、すべての蚊が同じではなく、アメリカだけでも150種ほどの蚊が存在しており、それぞれに求める血液などに特徴があるようです。
なぜ、あなたは蚊に刺されやすいのか? 以下にまとめた特徴を知っておくといいかもしれません。

85singo_shutterstock_20049442702

01.
暗い色の服装はNG

蚊が服装の様子で判断を行っているのは事実。特に周囲の環境になじまない格好をしていると認識されやすいようです。なかでも、暗い色の服装はターゲットにされやすいことがわかっているそう。

02.
蚊は「動くもの」に反応する

服装と同じく、動けば動くほどその呼吸などから“生きている”ということが判別できるため、狙われやすくなるのだとか。

03.
体温が高いほうが
刺されやすい

85singo_shutterstock_204878614

前述した動きからは距離が計算されているようですが、実際にどの体から血液を摂取しようとするかは体温を見て決めているのだそう。

ちなみに、妊娠した女性は平均して1.26度ほど体温が上がるため、比較的狙われやすい傾向にあるようです。

04.
蚊は人間の吐く二酸化炭素を
50m先から見つけている

妊婦の人にとっては、さらに耳が痛い話かも。蚊には小顎鬚と呼ばれる二酸化炭素(CO2)を検知する器官があります。それは、50m先の二酸化炭素を認識できる機能があるもの。

CO2は単純に息を吐き出すことでも認識されますが、残念ながら妊婦になると二酸化炭素の排気量が21%ほど増加するため、刺されやすくなる傾向にあります。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会