ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪府警のユニークな募集ポスター 年2回のコンペで選出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 就職活動たけなわの夏真っ盛り、全国の警察の採用担当者は冷や汗をかいているかもしれない。「きつい」「危険」「帰れない」という“3K”の職場イメージもあってか、昨年度の全国の採用応募者数は、過去20年間で最多だった2003年度の約半数、12万8000人余りに落ち込んだ。

 警察庁は各都道府県警に採用活動の強化を呼びかける異例の通達を出したが、「至急大阪府警に応援を!」「ごめんですんだら警察いらんわ!!」など、インパクトのあるコピーを使ったユニークな募集ポスターを作製するのが大阪府警である。

「1991年から毎年2回、コンペ参加業者が案を出し、35~40作の中から1作品に絞り、約7400枚を街に貼ります。おかげさまで、『ポスターを見て警察官になろうと思った』と応募してくる方もいます」(大阪府警採用担当)

 ちなみに大阪府警では今年2回目となる選考の申し込みを8月3日まで受け付け中だ。

※週刊ポスト2015年8月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大阪府警財務捜査官が経済系組織犯罪の現場や真相を記した本
カネ欲しさに暴力団組長をかばったよれよれの参院議員がいた
大阪府警 中田カウス出演イベントドタキャンで吉本に平謝り

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP