ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無料の公共トイレがある国は少ない?あの国では小銭を持ち歩こう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Masayuki Oka「これが学校?もはや世界遺産レベル⁉バリを訪れたら絶対に見るべきグリーンスクールの驚異的な建築群

TRiPORTライターのAnnaです。
日本では山や高原などのトイレで、チップ制トイレがたまにありますが、普段生活をしている中では駅でも公園でもショッピングセンターでも「有料のトイレを見つけるのは不可能!」と思うほど、日本では公共トイレが無料なのが一般的です。しかし、日本のように無料で利用できる国は実はとても少ないのです。

無料で利用できる国は、スイス、アメリカ、インドネシア、中国、オーストラリアといった国々です。逆に有料なのは、ドイツ、イタリア、フランス、イギリスといったヨーロッパの国々。おおよそ100円から200円を支払わなければならない場合が多く、その価格は場所によって異なります。

そして、無料で利用できる国でも、実際にはチップがかかるという所も少なくありません。中国やインドネシアなどでは、チップとして100円前後支払わなければならないこともあります。アメリカやスイスでも、場所によってはチップが必要な場合も。

このように、無料だと決めつけて気軽に利用するのではなく、旅行先の状況や文化をしっかりと確認することが大切です。チップが必要な場所は意外と多いので、小銭を持ち歩くようにしましょう。そしてアメリカのように、公共トイレがそもそも少ないという国もあるので注意が必要です。

なぜトイレが有料なの?

ヨーロッパの国々は、一般的に公共トイレは有料です。それは、水道代、ペーパー代、清掃などの維持コスト分の収入を得なければならないからです。また、町の収入源として有料化している場合もあります。そして近年、有料化が進んでいる理由の一つとして挙げられるのは、犯罪です。女子トイレが特にそうですが、個室内は密室で、その中で犯罪がおこっていても気が付かれにくいことが多いのです。そうした危険な場所を有料化することで、少しでも犯罪を減らすという目的もあります。

では、どうして日本は無料の場所が多いのでしょうか。その理由は、日本が世界的に見ても治安がいい国だということが挙げられます。その治安の良さは、世界でもトップクラスと言われ、街中でも安心して利用できているのが現状です。また、日本人はマナーが良いともよく言われます。人によるかもしれませんが、世界的に見ると、放っておいてもトイレがある程度キレイに保たれていることが多いのです。

また日本の場合、日本人観光客だけでなく、外国人観光客を誘致するために、無料化しているという事情もあります。公共のものであるにも関わらず、ウォシュレットがついていたり、ペーパーが備え付けられていたりと、設備が整っているので感動してしまう外国人観光客も多いようです。普段何気なく使用しているトイレですが、無料でキレイなトイレが使えることはありがたいことなんですね。

ライター:Anna Shimizu
Photo by: Masayuki Oka「これが学校?もはや世界遺産レベル⁉バリを訪れたら絶対に見るべきグリーンスクールの驚異的な建築群

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP