ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松崎しげる 高校球児からミュージシャンに転身した理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜夕方の番組「SAISON AMERICAN EXPRESS CARD VINTAGE GARAGE」
(ナビゲーター:ロバート・ハリス)。7月26日のオンエアでは、松崎しげるさんが登場しました。

真夏の降り注ぐ太陽が似合う芸能人といえば、やはりこの人。真っ黒に日焼けした肌が夏に似合います。
松崎さんが音楽に目覚めたのは高校時代。当時は硬派な男子校で、高校球児として野球に明け暮れる日々。
しかし、肩と肘を壊してしまったことから、野球を辞めることになってしまいますが、
そんな時、学校で放課後にギターを持った友人たちから「おい松(崎)、お前一緒にやろうぜ」と、誘われたそう。

こうして当時、高校3年生だった松崎さんは、バットをギターに持ち替えて音楽の世界に。
シャドウズやザ・ベンチャーズのようにインストゥルメンタルが流行っていたため、
まわりでギターを弾きながら歌を歌える人がいなかったことや、ビートルズの「Long Tall Sally 」など、
かなり高いキーの曲も歌えたことから、友人たちは「嘘だろ!?」と驚き、
松崎さんもこれを受けて、すぐにヴォーカルとしてバンドを結成したそう。
「豚もおだてりゃ木に登るようなタイプですから」(松崎さん)。

そんな松崎さんの最初のヒット曲は「愛のメモリー」。
スペインのマジョルカの音楽祭のために作った曲だったそう。
学校の卒業論文のテーマがショパンで、ショパンが晩年暮らした音楽の島だったこともあり、
情熱の国・スペインに合う楽曲を作ろうと思ったことがきっかけだったとか。

当時は「愛の微笑み」という曲名で、音楽祭では準優勝、歌唱賞に選ばれましたが、
日本では大きなトピックとして取り上げられませんでした。当時は、
誰もが口ずさめるような曲が流行っていた時代だったので、レコード会社に同曲を持ち込んだ際にも
「こんな難しい曲ダメ」と言われて蹴られたそう。しかし、その後こんなエピソードも……。

「ある時、チョコレートのCMソングに決まったんですよ。そしたら手のひら返したように
『良い曲ですね〜!』とか言われて(笑)。もう、大人のズルさを初めて知った26歳ですよ。
冠が付くとこの業界弱いっすね(笑)」

今となっては笑い話ですが、当時の日本を象徴するかのようなメモリー。デビュー45周年を
迎えた松崎さんは、6月にアルバム「私の歌〜リスペクト〜」をリリース。
9月6日には、幕張メッセで「デビュー45周年『黒フェス』〜白黒歌合戦〜」を開催します。
今後の音楽活動にも注目です。

【関連サイト】
「SAISON AMERICAN EXPRESS CARD VINTAGE GARAGE」
オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/vintagegarage/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP