ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

優雅なひとときを過ごしたいならぜひここへ。一度は足を運んでみたい高級ホテルの「アフタヌーンティー」3選<関西編>

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新聞や雑誌で特集が組まれるなど、徐々に日本に浸透してきているアフタヌーンティー。午後のひととき、たまにはホテルで優雅に軽食とお茶を楽しんでみてはいかが…!?ということで、今話題のホテルのアフタヌーンティーをまとめてご紹介。今回は東京編に続き、関西編を。

1.【ホテル日航大阪】「マンゴーアフタヌーンティーセット」
見るからに元気がでそうなビタミン色の「マンゴー」がメインのアフタヌーンティー。完熟したフレッシュマンゴーをはじめ、濃厚な口当たりのマンゴープリン、サクサクの生地との相性抜群のマンゴータルトなど、6種類のマンゴースイーツが入っている。8月16日(日)まで、1階ティーラウンジ「ファウンテン」及び2階「ロビーラウンジ」にて。価格は紅茶又はコーヒー付きで、2700円(税込、サ別)(http://www.hno.co.jp/)

2.【翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都】「アフタヌーンティーセット」
京都に似合う、和菓子や抹茶をベースにしたスイーツなどの「和」のアフタヌーンティーセット。上生菓子や、抹茶やほうじ茶を使ったラシュク(シューラスク)、夏の涼菓わらびもちなを盛り合わせ、和のテイストでまとめてある。京都の老舗「一保堂茶舗」の冷たい煎茶と一緒にいただいて。1名4000円 (税・サ込)。(http://www.suirankyoto.com/)

3.【スイスホテル南海大阪】「アフタヌーンティーセット」
交通至便な、難波駅直結の「スイスホテル南海大阪」で楽しめるアフタヌーンティー。スコーンやケーキが盛りだくさんでお腹も満たされる。時間も、昼前から夕方6時までなので、ランチとしても、買い物帰りの一休みとしても利用できそう。6階の「ザ・ラウンジにて」。2997円(税・サ別)。(http://www.swissotel-osaka.co.jp/restaurant/thelounge.html)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP