ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

舞台観劇のマナーが話題 何がよくて何がいけないの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

つい先日、舞台を見る時の観劇マナーについてネット上で話題になっておりました。ことの発端は、ある新聞によせられた女性の方の投稿。

投稿では帝国劇場にミュージカルを見に行った時のエピソードが紹介されていました。投稿者が座っていたのは2階中程の席。
出演俳優の顔がはっきり見えづらい席だったそうですが、少しでも近くで見ようと思わず身を乗り出したところ、係員から「椅子に背中をつけて見てください」と注意をうけたそうです。
その後は、言われた通り座っていたものの、どうしても納得行かないものを感じ、誰に迷惑をかけているわけでもないのに、観劇する人の姿勢にまで劇場が干渉して良いものかと問題提起していました。

【関連:「宝塚がアンパンマンを舞台化!」というネタ投稿がTwitterで大拡散→本気にする人続出】

この投稿に対しネットでは「帝国劇場では観劇中身を乗り出さないよう事前にアナウンスしているから注意されて当然」「後ろの人が見えなくなる」という、投稿者側に問題があったと指摘する声から、「マナー違反なのにどうして掲載したのか疑問」という新聞社の対応を問題視する声もあげられていました。

この問題は、ネットで指摘される通り、投稿者の方がマナー違反にあたります。ほとんどの劇場ではどの場所からも舞台が見えるよう席が設置されており、背もたれに背中をくっつけて座ればきちんと舞台が見えるようになっています。しかし前の人が少しでも身を乗り出すと、特に2階3階の傾斜が少しきつめの席では後ろの人が見えづらくなる傾向が強いのです。

そのため開演前に「前かがみや身を乗り出しての観劇はご遠慮ください」とアナウンスしている劇場が多く存在しています。

■観劇マナー

とはいえ知らない人にとっては、素敵な舞台、つい身を乗り出したくなる気持ちは分かります。ただ、舞台観劇は一人で行うものではなく、その他大勢の人と行うもの。
「私だけは~」と一人自由に解き放たれてしまわずに、みんなで気持ちよく観劇したいものですよね。

そこで折角話題になったこの機会、最後に周知をかねて舞台観劇のマナー、心がけておきたいことを、舞台ファンの筆者の経験からいくつか紹介しておきます。

【これだけは守ってほしい】

▼遅刻はしないで

舞台に行きなれていない人にとっては「どうして?」と思う問題かもしれません。でも実はこれ結構重要なことなのです。

劇場に足を運んでみると分かりますが、いずれの席も座ってみると前に人が通れるスペースはほとんどありません。列の真ん中くらいの人が遅刻してくると、その席までの人たちは一旦立つか足を邪魔にならないように縮めて通さなければならないのです。もちろんその間、舞台から一旦目が離れてしまいます。
他の人の観劇を邪魔しないためにも、開演5分前、幕間あけ5分前にはきちんと席についていてほしいですね。

▼背もたれに背中をつけて見て!背筋ピンも遠慮して!

先にも紹介した通り、後ろの観劇を妨げることがあるからです。他にも背筋をピンと伸ばして観劇することも座高をあげるため後ろの人の観劇を妨げることがあります。

「遠い席だけどどうしても俳優さんの顔が見たい!」という方は、各劇場ではオペラグラスがレンタルされています。帝国劇場の場合には貸出料500円、保証金5000円です。保証金は紛失や破損などしなければ返却時に返金される仕組みです。ちなみにオペラグラスを使っている最中つい集中しすぎてどんどん前に出てしまい、はたからみるとまるで「一人偵察部隊」みたいになっている人がいます。使っている最中も背中を座席にくっつけることは決して忘れないでください。

▼髪型にも配慮して!

これは筆者個人の経験からですが、ある時前の席の女性が少し高めのポニーテールをしていたことがあります。もちろん見づらかったです。他にも、トップが高めのお団子ヘアや、ツインテールも後ろの方を思うならば、少し遠慮した方が良いかもしれません。帽子をしたまま観劇するのは論外です。

▼リズムはとらないで!

まれににですが、流れてくる音楽にあわせてリズムをとって揺れてしまう人がいます。周りに非常に迷惑です。ノリたい気持ちは分からなくもありませんが、そこはグッとこらえて!
でも作品によっては推奨するシーンもあるので、その辺は出演する舞台俳優や劇場アナウンスの指示に従ってください。

【でもこれはやっていいんだよ】

▼舞台終了後に立ち上がって拍手を送るのはOK!

以前コマ劇場で観劇していた際、舞台の最後に観客が総立ちして舞台に拍手を送るという「スタンディングオベーション」に遭遇したことがあります。

その時隣にいたご婦人が「みんな立って見えないわ!!!」と大声を出してご立腹になったのを見かけたことがありますが、これは観劇マナーとしてはOKです。

全ての舞台で行われるわけではないのですが、観客が立ち上がり拍手を送るというのは「舞台制作者・出演者たちへの最大の賛辞」という行為とされています。ただやるのは、最後の挨拶も終わった後。そのためタイミングが計りづらい行為です。ただ中には毎日見に来るプロの観客がいるので大概はそうした人たちが率先して行ってくれます。もし遭遇したならば「お、いっちょやったるか」ぐらいのノリで立ち上がり舞台に向かって拍手を送ってみてください。

※本稿で紹介している観劇マナーはごく一部です。他にも「こんなこと遠慮してほしい!」「これは嫌だったな!」という意見があれば、SNSのコメントなどで記事にお寄せください。
後にまとめて紹介することがあります。

(文:栗田まり子)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP