ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

サイサイ、アジア公演も含む全国ツアーファイナルで年末の東阪ライブを発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
サイサイ、アジア公演も含む全国ツアーファイナルで年末の東阪ライブを発表

4人組ガールズバンドSilent Sirenが、4月からスタートした台湾、香港での海外公演を含む全国ツアー「Silent Siren Live Tour 2015 Spring → Summer サイレン VS サイレント」のファイナルを7月24日東京・NHKホールで開催した。

オープニング映像が流れると大歓声でステージに迎えられる。Vo,Gtのすぅが「サイサイツアーファイナルにようこそ!盛り上がっていくぞー!熱い忘れられない夜にしましょう!」と話すとライブがスタートする。

「KAKUMEI」「BANG!BANG!BANG!」「ラッキーガール」といきなりサイサイ流のロックナンバーを炸裂しアクセル全開で会場をサイサイワールドに巻き込んでいく。

一瞬にしてNHKホールがライブハウスに変貌し熱い空間が形成されてもなお、すぅが「そんなもんじゃないでしょ渋谷! NHKホール思い切りいくぞー!」と会場に集ったファンときっちりとぶつかっていく。

終盤には、「NHKホール最高じゃないですか!もっと熱くなりましょう。ここからは、うちらサイサイとみんなでどっちが盛り上がれるか勝負しようぜ!」「NHKホール掛かってこいやー!」の絶叫から8月5日リリースの「八月の夜」やライブでの定番楽曲「ぐるぐるワンダーランド」を含む5曲を一気に披露する。

そして、あっという間に迎えたアンコールでは、実写ドラマ化する「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の映像がステージに映し出されると会場に大歓声が巻き起こる。そのままの流れで主題歌となる「secret base~君がくれたもの~」を初披露。

さらに、重大発表として「Silent Siren 2015 年末スペシャルライブ 覚悟と挑戦」12月27日にオリックス劇場、30日に東京体育館で開催することを発表。これにリーダーのひなんちゅ(Dr.)は、「年末のライブが決まりました!いつもの楽しいライブはもちろんだけど、サイサイの覚悟や挑戦を見に来てもらいたい」と意気込みを語った。

今回のファイナルの会場であるNHKホールは、「年末の紅白歌合戦に出たいなと思い選んだ場所です。みんなで一緒にサイサイの音楽を作っていって、世界一のガールズバンドになりたいと思います!」と熱い想い語り、「Silent Siren Live Tour 2015 Spring → Summer サイレン VS サイレント」を締めくくった。

今後サイサイは、各地で開催される大型ロックフェスなどへの出演を控えている。さらには、彼女たち主催のフェス「サイサイフェス2015」の開催も決定しているなど、さらに多くの人を巻き込み、世界一のガールズバンドに向けての次のステップに進んでいく。

ライブ情報
「Silent Siren 2015 年末スペシャルライブ 覚悟と挑戦」
12月27日(日)大阪・オリックス劇場
12月30日(水)東京・東京体育館
「サイサイフェス2015」
8月25日(火)東京・新木場STUDIO COAST

関連リンク

Silent Sirenオフィシャルサイトhttp://silent-siren.com/
オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/silentsirenblog/
■オフィシャルモバイルファンクラブ「サイサイファミリー」http://saisai-family.com/
■メンバーブログ/twitter
すぅ(Vo/G:吉田菫)
アメブロ:http://ameblo.jp/yoshida-sumire/
Twitter:https://twitter.com/#!/sumiredooon
あいにゃん(B:山内あいな)
アメブロ:http://ameblo.jp/aina73/
Twitter:https://twitter.com/#!/aina0703
ひなんちゅ(Dr:梅村妃奈子)
アメブロ:http://ameblo.jp/hinanchu-blog/
Twitter:https://twitter.com/#!/hinanchu_twtr
ゆかるん(Key:黒坂優香子)
アメブロ:http://ameblo.jp/yukakokurosaka/
Twitter:https://twitter.com/kurosakayukako

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。