ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【入門編】1億人のユーザーがいる「Evernote」。どんな使い方がある?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年、全世界のユーザー数が1億人を突破したという「Evernote」。日々の備忘録を書き加えたり、仕事に関する資料を保存しておいたりと、1億人のユーザーはそれぞれ、その人なりの使い方をしている。

実は筆者、Evernoteの名前を知っていても、これまで1度も利用したことがない。そんな初心者でも、Evernoteは手軽、かつ便利に使えるものなのか? 実際にアカウントを取得し、どんな利用の仕方があるのか探ってみた。

アカウント取得は、たったの1ステップで完了

まずパソコンでEvernoteのウェブサイトにアクセスし、メールアドレスとパスワードを入力。アカウント登録に必要なのはこれだけで、その直後から利用が可能だ。また、App StoreやGoogle PlayといったアプリストアからEvernoteのアプリをダウンロード、インストールし、スマートフォンやタブレットと同期させることもできる。

ネットがつながる場所ならどこでも読み書きできる

Evernoteはその名のとおり、ITデバイス上で「ノート」をつくることができるウェブサービス。ノートにテキスト入力したものをクラウドサーバー上に保存しておけるほか、PDFなどのドキュメントファイルや撮影した写真を保存できる。となると、自宅や職場でパソコンから書類をEvernoteに保存しておき、外出先でそれを読みたいときにEvernoteのアプリで閲覧、さらには加筆することもできるというわけだ。

「たくさんノートをつくってしまったら、どこに何があるか分からなくなってしまいそう……」。そういった声もあるかもしれないが、デスクトップ版・アプリ版共に、画面上部にある検索窓からキーワード検索できるのでご安心を。また、それぞれのノートはタグ付けができ、作成時にノートのいちばん上にあるタグ部分にキーワードを入力しておくと、読みたいノートが見つけやすくなる。

複数のノートを取りまとめる「ノートブック」

さらに、Evernote上に保存した数々のノートを整理するには、「ノートブック」をつくることがオススメ。複数のノートを取りまとめるもので、パソコンからデスクトップ版にアクセスする場合は、「ノートブック」横にあるドロップボタンを押し、「新規ノートブックの作成」を。アプリの場合は左上の「ゾウ」のアイコンを押し、「ノートブック」→「ノートブックの作成」を選択することで作成できる。


「ノートブック」→「新規ノートブックの作成」で、複数のノートをまとめるノートブックの作成が可能

活用例としては、ゴルフを趣味にする人が「ゴルフ」というタイトルのノートブックをつくっておき、その下に「ドライバーの注意点」「パッティングの注意点」というようなプレイ・練習中に気付いたことを記したノートを、さらにスコアカードの写真などを保存するといった使い方ができる。

Evernoteには、まだまだ使い方の幅がある。次回以降も便利な利用法をご紹介したい。

関連リンク

Evernote

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP