ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Apple Musicは楽曲をダウンロードして聴こう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月1日(日本時間)より「Apple Music」がスタートしました!
「Apple Music」は、数百万曲という膨大な音楽を個人プラン月額980円(税込)で楽しめる音楽聴き放題サービス。類似のサービスとしては、最近話題の「LINE Music」や「AWA」があります。
音楽聴き放題サービスを利用する際に気になるのは、データ(パケット)通信量です。音楽は、映画やドラマといった映像コンテンツと異なり、聞きながら他の行動ができるため、比較的長時間の利用となります。そのため気がつかないうちに大量のデータ通信を行ってしまうケースが起こりうるのです。

今回は、Apple Musicを利用した際のデータ量と、モバイルデータ通信を使わないで音楽を楽しむ方法について触れてみましょう!
 

Apple Musicで使うデータ量はどれぐらい?
Apple Musicを実際に使用し、モバイルデータ通信量を調べてみました。
以下は、著者が選んだ5曲のデータ通信料が以下。曲単位でまとめております。

楽曲名 DL時の通信量
ガッツだぜ!!(ウルフルズ) 約5.7MB
特攻野郎Aチーム(オーケストラ版) 約4.4MB
北酒場(細川たかし) 約6.0MB
JIRENMA(ELT) 約2.5MB
Cold Wind Blows(エミネム) 約7.2MB

あまり曲を聴かないので、若いころに聞いていた曲ばかりに。ダウンロードした5曲の1曲あたりにおける平均通信量は5.2MB程度となりましたが、曲によって使われるデータ量に大きな差があるようです。おおよそとはなりますが、10曲聞いた場合は、約52MBとなります。

これだけだと「大したこと無いのでは」と感じる方もいるかもしれませんが、毎日20曲を20日(合計400曲分)聴いたとしたら、約2GB(5.2MBx400曲)も使ってしまう結果となります。月間通信量3GBのプランで契約をしている人は、ちょっと気をつけなければいけませんね。

毎日の通勤通学の移動時間にApple Musicを堪能したいという場合は、月間5GB以上使用できるプランのほうが安心できるかもしれません。
 

モバイルデータ通信の節約は「オフライン再生」を設定しよう
「格安SIMだから料金は安く済ませたいけど、Apple Musicもしっかり使いたい!」という人は、Apple Musicには「オフライン再生」という便利な機能を使ってみてください。これは自宅のWi-Fiや、公衆Wi-Fiの環境下で楽曲データのダウンロードを事前にすることで、モバイルデータ通信をほぼ使わないでApple Musicを楽しむことができるというものです。

使い方ですが、まず気に入った曲はダウンロードします。Apple Music内、曲名横の「…」をタップすると、「オフラインで再生可能にする」という項目があり、タップするとダウンロードされます。すると次回以降はデータ通信を行わずに楽曲が再生されるようになります。

なお、ダウンロードする際は、本体の容量に注意してください。63曲ダウンロードしてみたところ、425MBほど消費しました。つまり、300曲ダウンロードすると2GB使用する可能性があります。
3つのアルバムをダウンロードしただけで425MB使用することになりました。

 

 

勝手にモバイルデータ通信を行わないよう設定する
事前に、お気に入りの曲をダウンロードしたとはいえ、勝手にモバイルデータ通信していないか心配な方もいると思います。その場合「Apple Music」はモバイルデータ通信を行わない設定が可能です。

「設定」→「iTunes & App Store」内の「モバイルデータ通信」をオフにすると、「自動ダウンロード」「iTunes Match」「Apple Music」に対してモバイルデータ通信を使わず、Wi-Fiのみで通信を行う設定となります。
逆に、モバイルデータ通信で「Apple Music」を使いたい場合は、この設定をオンにします。

画像中心部にある「モバイルデータ通信」をオフにすることで勝手なデータ通信を行わなくなります

「モバイルデータ通信」をオフにしていると、Wi-Fi未接続時にダウンロードされていない音楽は聞けなくなります

 ダウンロードした曲は「My Music」にて表示できます

この設定を使うことで、不用意なダウンロードや、音楽再生でのデータ量消費が抑えられるので、しっかりと使っていきたい機能の1つとなります。

また、本記事を執筆している時点では、「Apple Music」の対応機種はiPhoneやiPod touch、Mac、Windows PCです。しかし、秋からAndroidスマホにも対応し、格安SIM契約者に触れることも多くなると思います。その際、「オフライン再生」を上手に活用することで快適な格安SIM音楽ライフを楽しめるでしょう。

(布施 繁樹)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP