ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

成功率アップ!? 夏のイベント別、心理テクを駆使した誘いかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは、臨床心理士の山名裕子です。
近年、自分から気になる相手を誘う肉食系女子が増加しています。今回は、成功しやすい「男性がドキッとする」誘いかたを夏のイベント別に紹介します。
気になる相手がいる人は、ぜひ試してみてくださいね。

思わずOKしてしまう心理テクを使った誘いかた

お誘いの基本は、「ダブルバインド」です。場所や日程など選択肢を相手に与えることで、「No」という選択肢をなくす誘いかた。
「AとB、どっちか行かない?」と提案することで、相手は「どっちがいいかな」と行くこと前提で考えます。気になる男性に声をかけるときは、2つか3つ選択肢をだしましょう。
「土曜日か日曜日、○○行こうよ!」と日程を絞らずに選択させるのもアリ。この誘い方をすると、「自ら選んだ」という感覚が残るため相手は強制された感じがせず、男性としてのプライドを保ってあげられるのもポイント
また、Yesの流れを作る「Yesセット」も覚えておきたいテクニック。相手側に肯定的な発言を連続させることで、信頼関係を築き否定的な反応をしづらくする効果があります。
「うん」「そうだね」「確かに」と答えてもらえる質問を重ねた後に、最終的に本来承諾してもらいたい質問をするのです。このためには、SNSなどのプロフィールやタイムラインなどで彼の趣味や好み、傾向などをリサーチしておくことが有効。
では、イベント別の誘いかたを見てみましょう。

花火大会

「○日か△日か□日、花火大会行かない? お誘いできるのA君しかいなくて……」

「ダブルバインド」を使い、日程を相手に選択させます。さらに、「ハードトゥゲットテクニック」という「あなただけ特別!」と暗に意味するおとで、相手を気持ちよくさせるテクニックも併用。
男性は、特別感に弱い生き物なので、後半の言葉にドキッとしてしまいますよ。

海・プール

「今年水着買ったのに、1回も着てないんだよね。海かプールに連れて行ってほしいなぁ」

視覚的な良いイメージングを使ったテクニックです。
男性は視覚で判断する人が多いと言われています。彼の妄想を掻き立ててドキドキさせ、お誘いを成功させましょう。
また、女性からお願いごとをされると「頼られている」と承認欲求が満たされ、なんとか答えようとするのが男性。お願いは上手に使いこなしましょう。
「Yesセット」と共に、夏や海の話題で、流れを作っておくと成功率が高まります。

夏祭り

「○○の夏祭り、今年限定で近くに花火が打ちあがるみたいだから行ってみたいな♪ ○日から△日までやってるみたいなんだけど、行ける日あるかな?」

こちらは、「ダブルバインド」に加えて、「希少性の法則」を加えたお誘いテクニック。
限定やプレミア品に弱い男性にはとくに有効です。「○周年で例年より豪華」「今年はゲストに○○が来る」というワードも◎。
理由をつけて誘った方が、OKされる可能性が上がる「カチッサー効果」も関係しています。
さまざまなテクニックを組み合わせて、相手に合わせて賢くお誘いをしてみてください。基本的には、女性からお誘いされると男性はうれしいもの。あまり深く考えすぎず、女の子らしさと上品さを意識してトライしてみましょう。
beautiful woman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
安定志向のイマドキ女子が強い個性に憧れるワケ
イマドキ女子がハイブランドから離れたワケ
イマドキ女子がインスタに写真をあげまくるワケ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP