ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「子どもの気になる行動」解決法は親の行動にあり!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
「子どもの気になる行動」解決法は親の行動にあり!

情報に振り回されるのではなく、適度に取り入れて活用する

先日、ある子育てに関するサイトにおいて「3歳の娘が集団にいるのを怖がる」という母親からの悩みが寄せられていました。子どもを育てていれば、その行動についてさまざまな心配が生じるものです。それは、大雑把な人でも細かい人でも同じです。心配事は長い目で見れば問題のないことが大半ですが、子育て中は子どもを育てることに対して強い責任感が伴い、「子どもをきちんと育てられなかったらどうしよう」と心配するのも理解できます。

現在は情報化時代です。インターネット、雑誌、テレビ、新聞、本などから大量の子育て情報が得られます。役立つ情報もありますが、あまりにも情報を取り入れすぎると、ちょっとしたことでも不安を感じやすくなります。情報に振り回されるのではなく、情報を適度に取り入れて活用できることが理想です。

子育て中は、自分に関しての悩みが子どもの問題に映って見える

母親が気をつけなければいけないことは、子どもについての心配が、実は自分の悩みや問題につながっているということです。子育て中は、自分に関しての悩みが子どもの問題に映って見えます。そのため、子どもの行動が気になる時には、そのことを心配するのではなく、自分のことを解決していくことが一番の解決法といえます。

■子育て中の子どもの気になる行動への対処法
1.子どものことではなく自分の問題として解決を考える
2.心配しすぎて悪い思考を増やさない
3.自分に合う子育て経験者やプロなどに相談してみる
4.今心配なことも長い目で見るようにする
5.心配するよりもできることを子どもと一緒にしてみる

ネガティブな思考は現実につながってしまう

2番については、少し説明しておきます。あることについて心配しすぎるということは、それだけネガティブな思考を重ねているということです。例えば、子どもの言葉の発達が遅い時に、「この子は発達障害なのではないか」と心配になり、いつもそのことを心配していると、発達障害が現実化していってしまうということになります。心配しすぎず、日々の子育てに向き合うことで、心配の種も減っていき、余分な病気を回避することができます。

子どもが集団になじめないなどもよくある心配事ですが、ある一時期だけのこともあります。その時は心配でも時間の経過により、それほど問題ではないとわかるものです。心配するだけではなく、親子で集団に入る機会を増やすことを心掛けることで、子どもは集団の中での位置づけなどを学んでいくものです。

(安藤 はま子/心理カウンセラー)

関連記事リンク(外部サイト)

言葉が与える子どもへの影響、丁寧な対応が将来的な精神病理の予防に
波平さんに見る「素敵な頑固親父」の秘訣
社会的ひきこもり、求められる心のケア

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。