ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暑い日はやっぱりこれ!!リッチな気分で食べられるオシャレ系「かき氷」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年より大人気のかき氷。氷やマシンが進化して、口の中でふわっと溶けるような味わいが楽しめるのが人気の秘密。暑い中食べに行くなら、やっぱりゆったりできるお店でいただきたいもの。そこで今日は、「のんびりと食べられるオシャレ系かき氷」をまとめてご紹介。

1.【ストリングスホテル東京インターコンチネンタル】「涼菓 かき氷」
ホテル26階のレストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」で食べられるかき氷。今年は5種類登場。「ベリー」「桃」「抹茶」のほか、アスパラガスとバナナの生姜風味シャーベットをベースにビーツと紫芋、ナタデココが入った「ヤサイトロピカル」や、ヴァローナチョコレートとエスプレッソの濃厚な甘さと、キャヴィアの塩気が絶妙で贅沢な「キャヴィア」など大人の香り漂う逸品も。9月13日(日)まで、価格は税・サ別1800円から。(https://www.intercontinental-strings.jp/)

2.【ホテル阪急インターナショナル】「かき紅茶・珈琲」
アールグレイ紅茶を凍らせて削った「かき紅茶」は、練乳ミルクをかけてミルクティー風に、または苺のソースをかけてフルーツティー風に、と2種類の楽しみ方ができる。
「かき珈琲」は、アイスコーヒーを凍らせて削ったオリジナル氷に、チョコレートカプセルとバニラアイスがトッピングしてある。チョコレートカプセルの中には、マスカルポーネクリームが入っていて、氷と混ぜて食べるとティラミス風に。
どちらも、2階ティーラウンジ「パルテール」にて8月31日(月)まで提供中。各1200円(税・サ込)。(http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/3410.pdf)

3.【銀座コージーコーナー】「山梨県産桃のミルクフラッペ」
こちらは、ホテルではないけれど「オシャレで上品なかき氷が食べられる」と評判のお店。かき氷に上品な甘みと香りのピーチシロップがたっぷりかかっている。桃のみずみずしい果肉が女ゴコロを魅了する一品。イートインのみで取り扱い、価格は税込820円。(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000283.000004367.html)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP