体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【基地局探訪記 その6】 沖縄・北大東島のさとうきび畑にそびえる基地局のヒミツとは?

沖縄は、東西約1,000km、南北約400kmの海上に点在する363の島々からなる。そのうち、面積1ヘクタール以上の島は160存在し、沖縄本島を含めて49の島々に沖縄県民およそ140万人が暮らしている。

また、auサービスの人口カバー率は本土のそれを上回る99.9%に及び(2015年3月末現在)、このエリアでは、音声通話はもちろん、4G LTEの高速データ通信にも対応している。

しかし、沖縄本島から遠く離れた島々にネットワークを展開するのは、回線敷設のコストをはじめとしてさまざまな困難がつきまとう。それでも100%に近い人口カバー率を達成するのは、沖縄でauサービスを展開するKDDIのグループ会社、沖縄セルラー電話(以下、沖縄セルラー)の企業努力の賜物といえるだろう。

今回の基地局探訪は、沖縄本島から東へ約360km、沖縄最東端の北大東島を訪ねた。のどかなさとうきび畑にそびえる高さ40mの鉄塔基地局とのコントラストもさることながら、北大東島の基地局は、通常の基地局にはない大きな特徴があるという。それを探りに、編集部は沖縄へ飛んだ。


広大な海に浮かぶ沖縄の島々。これだけの距離を、auはネットワークでつないでいる

南国・沖縄の空気を感じて

ほぼ始発の飛行機で羽田を飛び立ち、沖縄の玄関口・那覇空港へ降り立ったのは午前9時過ぎ。5月末、梅雨真っただ中のはずの沖縄は、幸いにも雲の隙間から太陽がときおり顔を出してはいたが、じっとりと肌にまとわりつくような南国特有の湿り気に包まれていた。

タクシーで那覇市の中心部へ向かう。目指すは沖縄セルラーの本社ビルだ。北大東島の基地局について話を伺うことになっていた。

梅雨のさなか、雲間にのぞく青い空。タクシーの運転手さんいわく、前日までは雨。沖縄の梅雨は例年6月半ばごろには明ける。写真に見えるのは、「沖縄セルラースタジアム那覇」。沖縄で唯一、プロ野球ナイター公式戦の開催が可能なスタジアムだという

編集部一行を迎えてくれたのは、経営管理部の伊禮良志(いれい・かずし)課長と運用管理部の當山弘史(とうやま・ひろふみ)課長補佐。ちなみに、かりゆしウェアに身を包んだお二人に案内された会議室の名前は「ガジュマルA」。沖縄らしさがそこかしこに感じられる。

【基地局探訪記 その6】 沖縄・北大東島のさとうきび畑にそびえる基地局のヒミツとは?
【基地局探訪記 その6】 沖縄・北大東島のさとうきび畑にそびえる基地局のヒミツとは?
沖縄セルラーの本社ビル。かつては日本銀行那覇支店が入っていた。そのときの名残が写真右の金庫。1972年5月15日、沖縄が日本に返還された際、ドルと円の交換のために540億円(!)を保管していたという

1 2 3 4 5次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy