ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米起業家が執筆!職場で尊敬されるための「11ステップ」が使える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人は信頼を得てこそ、初めてまわりから尊敬されるもの。でもどうやったらまわりからの信頼を獲得して、尊敬される上司になれるのか?悩んでいる人も多いはず。

ビジネスメディア「Entrepreneur」では、起業家のPeter Daisyme氏が、職場で尊敬されるために実践すべき11つのコトを綴っています。無料でウェブサイトを作り、ビジネス支援を行う「Hostt」の共同創立者で、ビジネスの第一線で働く同氏が語る、職場で尊敬を得るコツとは?

職場で尊敬されたいという気持ちは、誰もが抱くものだと思います。その気持ちにも関わらず、実際に尊敬されている人はそれほど多くいません。ここに、職場で尊敬されるために実践すべき11つのコトをまとめした。

01.
クビをも恐れず
自信をもって取り組む

会社の目標に向かい、やる気を持って仕事に取り組みましょう。また同僚たちにも同じような情熱を持って働くよう、励ましましょう。仕事をしながら、あなたの個性を発揮できるように努めれば、上司はあなたの貢献度に気づくはず。
また、クビになることを恐れてはいけません。そうなった場合の計画も持つことで、常に選択肢を持つことで自信と柔軟性が生まれてくるのです。

02.
責任感ある人物へ
締め切りは必ず守る

仕事を時間内に終わらせることは、自分の言葉に責任感のある人間だということを、上司と部下に示すことになります。
時に、締め切りがあまりにも理にかなっていない場合もあります。そうした場合、さりげなく機転を利かせて締め切りが適切でない旨伝えるように。

03.
謙虚さは大事だけど
ほどほどに

自分の欠点を認めることは必要ですが、考え過ぎはよくないことも。謙遜することは大切ですが、同時に自信を持つことも必要です。自信がなく、つねに自分の欠点をあげるような人を信頼する人はいません。自意識過剰と、謙虚の違いを見極めましょう。

04.
忍耐力を持ち
仲間を信じよう

新しい仕事や与えられた課題に対して学習し、順応するスピードは人それぞれ違います。同僚や部下が仕事を覚えるごとに、賞賛するようにしましょう。
また、部下の失敗を受け入れて、相手の成長を信頼するように。他人を気遣い、信じることができる人は自然とまわりから尊敬されるものです。

05.
嫌いだとしても
敬意を払おう

好き嫌いに関わらず、職場で顔を合わせる人に対して敬意を払うようにしましょう。仕事では何かが急に変わることもよくあります。自分の部下が上司になるかもしれません。
同僚が転職して、将来の取引先になる可能性だってあるのです。

06.
ウワサ話には関わらない
信頼が最も大切

職場のウワサ話が気になる気持ちも分かります。が、ウワサ話を好んでする人は、秘密を守れず信頼できない人だという印象を与えます。また、人の不幸を楽しむ人だという印象まで…。そんな人が、職場で尊敬を得ることは難しくなります。

07.
情報は、
隠さず伝えよう

組織を変えることが、どのような影響や効果を与えるのかしっかりと社員に伝えましょう。質問を促して、社内でどのようなことが起こっているのかつねに社員と共有することで信頼につながります。社内広報を発行することも一つの手です。

08.
イジメと指摘は違うこと
褒めることを忘れずに

社員を褒めると、彼らの自信に繋がります。やる気を持って仕事に取り組むようになり、新しい仕事やスキルを覚えることにも積極的になるのです。
もし何か指摘しなければいけない時は、批判だけでなく褒め言葉も使うように。
ミスしてしまった社員に対しても、公衆の面前で批判することはやめましょう。それは、ただのイジメです。
複数の人をいれて話す時は、問題についての説明をし将来同じ過ちを防ぐためにどうすればいいのか話すように。

09.
知識と成功体験を
仲間に共有する

同僚と知識や成功体験を分かち合うということは、彼らを信頼している証。共有する際には、コミュニケーションスキルが重要になります。チームが一丸となって、仲間とともに成功することが大切。
周囲から尊敬されている人とは、成功するためにまわりからの協力を得ることができる人。1人1人が協力しあうことで、成功するのだと伝えましょう。

10.
イメージも大事
服装にも注意

良い職場とは、社員それぞれが積極的に働けるスポットのことを言います。でもどんなにがむしゃらに頑張っても、身の回りの整理整頓ができていなければ悪い印象を与えてしまいます。
服装も同じこと。社会人として仕事に合った適切な服装をするよう、毎日きちんと心がけましょう。

11.
どんな時でも仕事は仕事
適切な振るまいを

たとえ社内のパーティーであっても、酔って失態を見せないよう気をつけましょう。職場から離れたとしても、仕事に関係していることに変わりはありません。失礼な振るまいをしたり、不適切な発言をしないように。
もちろん、プライベートな生活はあなたの自由。ですが職場での評価を維持するためには注意も必要。社内パーティーで、社員の誰かが酔っ払ってしまったら、あまり近づかないようにして、後日その話をするのは控えるように。

Licensed material used with permission by Entrepreneur

関連記事リンク(外部サイト)

意外と忘れがち。3歳の愛娘が教えてくれた「人生を楽しむ10のコツ」
ネガティブな心から脱却するために、絶対に意識するべき「10のこと」
付き合いをやめるべき人「4タイプ」。不幸を望む人がいる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP