ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【閲覧注意】若者の表情が一瞬にして凍る「食肉生産の現場」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
150725_eat-meat

とある音楽フェスティバルで、不特定多数の人々に行ったテストが話題になっています。ヘッドホンを着けて、目の前にあるタブレットで映像を見る若者たちを捉えていますが、彼らの表情は一瞬にして凍りついていきます。

85singo_スクリーンショット 2015-07-24 20.44.16 85singo_スクリーンショット 2015-07-24 20.46.23 85singo_スクリーンショット 2015-07-24 20.54.59 85singo_スクリーンショット 2015-07-24 20.55.38

彼らが見た映像のタイトルにはこう書かれていました。

「農場から冷蔵庫へ」

食肉生産の現場を撮影した映像

彼らが動画の中で目の当たりにしたのは、普段は見ることのない食肉生産の現場の様子でした。動画を見た誰もが眉間にしわを寄せています。眼を塞いでしまう人も少なくありませんでした。

※以下、閲覧注意:動画にはショッキングな内容が含まれています。

85singo_スクリーンショット 2015-07-24 22.26.48 85singo_スクリーンショット 2015-07-24 22.27.19 85singo_スクリーンショット 2015-07-24 22.32.56 85singo_スクリーンショット 2015-07-24 22.36.22

動画で紹介されていたのは、鶏肉・卵・牛乳・豚肉の生産工場の様子です。

鶏の飼育現場では、美しい空気や適度な運動とは無縁の場所に集められた様子が。処理される際には、首を手で折られたり、ベルトコンベアで運ばれて喉元を切られるところが撮影されています。

85singo_スクリーンショット 2015-07-24 23.09.39

では、卵を生むための鶏なら殺されることもないのでは?とも思いますが、生まれてきたひよこの性別の区分けをし、卵を生まないオスは取り除かれ、生まれて1時間ですぐに殺されてしまうこともあるようです。

また、メスのひよこはクチバシをカットされてしまいます(これは、お互いに攻撃しあうことを防止するためでもあり、一概に動物虐待行為とは言えないという意見もあることを付け加えておきます)。そして、せまいケージの中で一生を過ごすことに。

85singo_スクリーンショット 2015-07-24 23.06.37

牛も豚も同様です。決して衛生的とは言えない狭いゲージで飼育されている様子が、動画では見てとれます。

85singo_スクリーンショット 2015-07-24 23.18.41 85singo_スクリーンショット 2015-07-24 23.22.25

これらは、アメリカの動物愛護団体「Mercy For Animals」によって制作されたもの。彼らはホームページにこんなメッセージを記載しています。

「私は、狭い檻の中で人生を過ごしたくなんかない。友達を食べたりしないし、母親から子供を奪ったりしない。痛み止めなしに去勢したり、小さな場所で一生を過ごさせたりしない。私はそんなものにお金を払いたくない」

当然のことながら、すべての飼育現場がここで紹介されているような環境ではありません。
こういった動画が公開される背景には、アメリカの食の現状もあるでしょう。同国は、食肉生産が盛んな国であると同時に、菜食主義者も多く、オーガニック文化も浸透しつつあります。

Licensed material used with permission by mercyforanimals

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカで「お肉を休む日」が、拡大中!プロジェクトに隠された3つのメリットとは?
間違ってマリファナを食べてしまった犬・・・その姿に450万人が同情
水上に浮かぶ「未来の農場」が、91億人を食糧危機から救う?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。