体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

99%以上の科学者が「気候変動の原因は人間である」と認識

shutterstock_76697737の

地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や、そもそも温暖化していないという意見もが存在しています。

しかし、米メディア「TakePart」の記事では、科学者の意見が99%以上一致しているとしています。何を今更と思う人も多いかも知れませんが、環境問題を考える際、ひとつの参考になるかもしれません。

85singo_shutterstock_141168931

アメリカの人気テレビ番組「Last Week Tonight」において、気候変動の議論について検証が行われました。番組では、各方面から1人ずつ専門家を呼ぶのではなく、人類が地球温暖化を招いていると主張する75人の科学者を呼び、3人の反対論者と議論したもの。統計的に、気候変動について議論を行おうとしました。

その結果、97%以上の科学者が、地球温暖化を招く原因は人間であると意見を表明したといいます。

2万4000以上の研究論文を調査

85singo_shutterstock_178493195

国立物理科学コンソーシアムの責任者であるジェームズ・L・パウエル氏は、2013年から2014年の間に出版された気候変動に関する2万4000以上の研究論文を調査しました。

パウエル氏は、計6万9406人いる膨大な数の著者たちの中で、人間による気候変動を否定したのはたった4人のみだったといいます。つまり、1万7352人に1人の割合です。同氏は、以下のように述べます。

「97%という数字は間違っています。見て下さい。研究を出版している科学者のうち97%が同意しているならば、同意していない割合は3%ということになります。ですが、実際同意していない人の割合は0.006%のみ。その違いは500倍にもなります」

この数字を明確にするために、同氏は2万4210にも及ぶ研究論文の中で「地球温暖化」、「気候変動」といったキーワードを含んだものを調査。9ヶ月間かけてすべての研究論文を読んだ結果、気候変動と人間の関係性を否定しているものや人間以外の原因について説明しているものは、たったの5つでした。

しかも、そのうちの2つは同じ著者による研究だったそう。逆にどんな意見があるのか気になるところですが、議論する余地もないほど確かな事実なのだとか。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。