ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Perfume 初のドキュメンタリー映画10月公開、『ラブライブ!』&μ’s旋風続く、セカオワ 世界進出へまた一歩前進:邦楽ニュース 今週のまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週の邦楽ニュースはPerfumeの話題から。いまや世界をまたにかけるPerfumeが自身初となるドキュメンタリー映画を10月に公開決定。アメリカ、ヨーロッパ、アジア各地を回った世界ツアーに完全密着した、初の映画作品として10月31日より全国劇場で公開される。最先端技術を取り入れたパフォーマンスとともに、彼女たちの葛藤や素の姿にも密着したという作品にぜひ期待しよう。

Perfume、世界ツアーを追った初映画が10月に公開

 Salyu&小林武史という強力タッグが2015年秋、初のフルオーケストラ公演『Salyu with 小林武史 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT』を開催することが決定した。公演は現在3公演を予定。7月末より順次チケットの受付も開始する。

Salyu&小林武史 初のフルオーケストラコンサート開催決定

 今週のビルボードシングル総合チャートはμ’s「僕たちはひとつの光」が他を押さえ1位獲得。アニメチャートでも「3週連続1位」「3曲連続1位」「上位3位を独占」を同時に成し遂げる離れ業を披露し、その存在感を見せつけている。

μ’s「僕たちはひとつの光」がNMB48を押さえビルボード総合首位獲得
μ’s『ラブライブ!』が上位3位を独占 『時かけ』再放送効果?奥華子2曲もチャートイン

 アルバム・チャートは今週もドリカムことDREAMS COME TRUEのベスト盤が首位に。2週連続の首位となっている。また、クラシックチャートでは、G-CLEFのピアニスト榊原大による9枚目のソロ・アルバム『Dear Love Songs』が初登場第1位となった。

ドリカム史上最強ベスト盤がビルボード週間チャートで2週連続1位に、大台突破も目前?
ドリカム、コンプリートベストALが連覇! TUBEのベストALは惜しくも2位
ピアニスト榊原大による初のラヴ・ソングカヴァーアルバム『Dear Love Songs』が第1位

 先週末、日産スタジアムにて14万人を動員する公演を行ったSEKAI NO OWARIは、9月にマレーシアにて行われるMTV World Stage Malaysia 2015】への参加を発表。世界進出という目標へまた一歩前進している。

SEKAI NO OWARI、ケイティ・ペリーやジャスティン・ビーバーの立ったステージに日本人初参加
SEKAI NO OWARI、日産スタジアム公演レポート!日本で最大のステージでどこまでも作り手の血が通うライブを決行

 8月5日に発売されるシュガー・ベイブの『SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition -』の発売を記念して、ワーナーミュージック・ジャパンの山下達郎特設サイトにて、3週に渡って週替わりの特別企画を実施することが決定した。日本の音楽の歴史に大きな足跡を残す同作の魅力に改めて触れてみよう。

山下達郎、特設サイトとラジオでシュガー・ベイブ特集

 最後はチームしゃちほこのライブレポートを2本。チームしゃちほこは今週、北海道&お台場にてそれぞれパフォーマンスを披露。夏のライブシーズンの開幕を告げている。

チームしゃちほこ 北の大地で2015年夏を開幕、筋肉少女帯とコラボ披露&大黒柚姫バースデー
チームしゃちほこ 【めざましライブ】で灼熱の熱狂パフォーマンスを披露&2か月連続EPリリースを発表

その他注目の邦楽ニュース
細田守監督作品のオフィシャルピアノ楽譜集、8月上旬に一挙発売
倖田來未「私と恋の話をしてるような気分で聴いて欲しい」恋の夏アルバム遂に発売
TeddyLoid手がけるももクロRemixアルバムにtofubeats参加決定!無印時代以来、約6年ぶり
【ビクターロック祭り2016】バレンタインデーに開催決定
SCANDAL ねごと/SUPER BEAVERとの対バンライブで新曲初披露 ワールドツアードキュメント映画公開決定
イナズマロック2015にアンガールズ/ジャルジャル/ダイノジ/じゅんいちダビッドソン/ニッチェ/やしろ優ら出演決定

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】乃木坂46、生駒里奈がセンターの夏ソングが1位を走る!
【先ヨミ】ドリカムのコンプリートベストAL、まだまだセールスを伸ばし1位キープ!
POP 新曲を各楽器パートバラバラな状態で無料配信 上手くミックスすれば完成?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP