ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

胴体に巻きつけ心拍数をモニター!Garminから“トライアスロン用”ウェアラブル登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィットネス用ウェアラブルを多く手がけるアメリカのGarmin社から、完全防水のトライアスロン用心拍数モニター「HRM-Tri」が発売された。

・胴体に巻きつける心拍数モニター

Garmin HRM-Swimは、胴体に巻きつけるタイプの心拍数モニター。

Garmin社から発売している、スポーツウォッチ「Forerunner 920XT」に対応し、プールから上がるとプッシュ式でデータを送信する。

トライアスロン向けに開発された、「HRM-Tri」は、スイミングのほかにバイク、ランニング中の歩調、方向振動などパフォーマンスを伸ばすためのデータを20時間までモニターすることができる。

・プール用「HRM-Swim」も同時発売

「HRM-Tri」は129.99 ドル。プールでのトライアスロントレーニングに特化した「HRM-Swim」も同時発売で、こちらは99.99ドル。

アメリカで発売されたばかりなので日本での販売価格は未定だが、本気でトライアスロンのトレーニングをするスポーツ好きには欠かせないウェアラブルになりそうだ。

Garmin HRM-Swim

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP