ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついに商品化!知る人ぞ知るシュールなゆるキャラ「虎子石」がステッカーになって登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大きい石に虎の足と尻尾が生えた謎の生き物がいますね。これは歌川芳員が描いた「東海道五十三次之内 大磯 をだわらへ四り」に出てくる「虎子石」というキャラクターだそうです。太田記念美術館の学芸員が見出し、公式ツイッターアカウントのアイコンにも起用しました。今回、この「虎子石」のシュールな魅力がじわじわ広まり、ついにステッカーが販売されました!

「虎子石」は、曾我兄弟の仇討ちを描いた「曽我物語」に出てくる曽我十郎の恋人「大磯の虎」にゆかりのある石の名前。本当は今も大磯の延台寺に祀られているただの石なのですが、芳員の手にかかり、ゆるキャラが登場していたのだそう。

価格は200円。歌川広重の「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」に出てくる猫もステッカーになりました。どちらも太田記念美術館の受付でのみの販売となります。この機会に、スマートフォンやPCにゆるキャラステッカーを貼ってみては!?

浮世絵 太田記念美術館 公式twitter

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

さぁみんな、恋をしよう!江戸時代の恋話にスポットをあてた浮世絵展「浮世絵恋物語」
これは行きたい!浮世絵専門の太田記念美術館が錦絵講座「太田記念美術館から学ぶ 浮世絵のABC」
なんだこの浮世絵はww まさに江戸時代のキモカワw

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP