ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

業務スピードが上がる!Google Chromeのおすすめ拡張機能8選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(編集部注*2014年6月5日に公開された記事を再編集したものです。)

Google Chromeをこよなく愛する男、ディレクターの鮫島です。
仕事でもプライベートでもChromeを使いまくっているのですが、今回はWebディレクターが使うと超絶便利なChromeエクステンション(拡張機能)をいくつかご紹介します。

これを全て使いこなせれば、業務スピードが確実に上がるので、Webディレクターの方は必見です!
※ディレクター以外の方でも便利なものばかりなので是非ご覧ください。

それではいってみよう!

Webディレクター向けChromeエクステンション

PCとスマホで速攻データ同期! – Push bullet

https://chrome.google.com/webstore/detail/pushbullet/chlffgpmiacpedhhbkiomidkjlcfhogd

「PCで見ていたサイトURLをスマホに送りたい……」「スマホで撮影した画像をPCに送信したい……」
なんてことはしょっちゅうありますよね。今までは大抵メールで送ったりしていたと思いますが、これがあればもう大丈夫、速攻でデータ同期できちゃいます。使い方も超簡単で、ボタン1つの操作でOK。

PCはChromeなどでエクステンションをインストール、スマホは専用アプリをダウンロードして、コネクトすれば便利生活のはじまりです。
英語ではありますが、説明動画があったので、これを見れば大体イメージがつくと思います。

正直、これはディレクターだけではなくて、全ての人に使ってほしい!!

iOSアプリ

https://itunes.apple.com/jp/app/pushbullet/id810352052

Androidアプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.pushbullet.android

増えすぎたブラウザタブをスッキリさせよう! – One Tab

https://chrome.google.com/webstore/detail/onetab/chphlpgkkbolifaimnlloiipkdnihall

「調べ物をしていたらブラウザのタブが増えすぎてカオス」……そんな経験ありませんか? このツールに出会うまでの僕には超ありました。通常で20タブ、多い時で50タブ。。

もはやサイトタイトルが見えないので、何がどこにあるかサッパリわかりませんでした。
タブを消せばいい話しではあるけれど、まだちゃんと見ていないから消せないし、ブックマークするのも面倒……。

そんなカオスな状況を抜け出すためのエクステンションがこの「OneTab」です!
タブを開き、OneTabのメニューを押すだけで、なんと1つのタブにサイトタイトルとリンクを箇条書きのように表示してくれます!

↓こんな感じです

1つのタブの中で、ちゃんとサイトタイトルが見られるので、迷わず、かつスッキリした状態で情報を保存・閲覧できます。
百聞は一見に如かず。まずはお試しください。

ボタン1つでキャッシュクリア! – Clear Cache

https://chrome.google.com/webstore/detail/clear-cache/cppjkneekbjaeellbfkmgnhonkkjfpdn

デザイナー「デザイン更新したので再度確認お願いします!」
ディレクター「何度更新をしても反映されません……」

こんなやりとりした経験ありませんか? 多分、ディレクターなら120%あると思います。
この場合、根強いキャッシュが残っている場合がほとんどです。

そんなときはこのエクステンションを使えば解決! ボタン1つでキャッシュをクリアしてくれて、最新状態でページが更新されます。
これを使えばもうデザイナーに「あいつわかってねぇな」と言われることはありませんよ!

複数URLを同時にオープン! – Pasty

https://chrome.google.com/webstore/detail/pasty/hdjihnnclpjhfdbbinmgoiehhoehhlgf

デザイナー「デザイン確認お願いします

      http://sample.com/design/001.html
      http://sample.com/design/002.html
      http://sample.com/design/003.html
      http://sample.com/design/004.html
      http://sample.com/design/005.html
      http://sample.com/design/006.html ……」

ディレクター「1つ1つ開くの大変やで……」

そんな経験ありませんか?

でも、Pastyがあればダイジョーーブ! 対象の複数URLをまるっとテキストコピーして、Pastyアイコンをクリックするだけで、一気にタブを開いてくれます!
これだけで、数十秒は短縮できるはずです。(数にもよりますが)

短縮URLを簡単生成 – URL Shortener

https://chrome.google.com/webstore/detail/googl-url-shortener/iblijlcdoidgdpfknkckljiocdbnlagk

日本語が混じったURLをコピペすると、「http://google.com/auhgueajgiajefgiwzwfqiej77soigm……」のように超長いURLになってしまいますよね。
デザイナーにもお客さんにもこんなURLを伝えるのは少々恥ずかしいです。そうならないためにも、URLは短縮URLにしてあげましょう!

このエクステンションを使えば、ボタン1つで短縮URLが取得できます。(右クリックメニューからでも取得できます)
しかも短縮URLだけに留まらず、簡易QRコードの生成もしてくれる超絶便利なエクステンションです。

ちょっとしたメモのときでも、長ったらしいURLよりも短いほうが管理していて気持ちいいですからね。

サクッとスマホサイトを表示するならコレ! – Smartphone Simulator

https://chrome.google.com/webstore/detail/smartphone-simulator/hhgljhlddfoakicieakjgehcgkkaigfc

PCブラウザでスマホサイトを確認したいときってありますよね。でもブラウザチェックってほどではなく、少しだけ表示を確認したいときなんかは、スマホにURL送るのすら面倒くさい。
そんなときは、このエクステンションを使えば、PCブラウザでスマホサイト表示に切り替えることができます。

こういうエクステンションは他にもたくさんあるのですが、これはなんといっても手軽さがオススメするPOINTです。
他のエクステンションの場合は、スマホのOSバージョンや機種などを選択する必要があるので、若干手間なのですが、このエクステンションの場合はボタン1つでサクっと見られるため、ちょっとだけスマホサイトを見たいときに最適なのです。

逆に言えば、簡易なので、デバッグには向いていません。

画像サイズを簡単表示! – Image Properties Context Menu

https://chrome.google.com/webstore/detail/image-properties-context/khagclindddokccfbmfmckaflngbmpon

「この画像のサイズってなんだろう」……そんな場面にはほぼ毎日のように出くわします。ソースを見てサイズチェックしたり、画像をダウンロードしてプロパティでチェックしたり、面倒ですよね。

そんな時は、このエクステンションで速攻解決!
気になる画像の上にマウスを持ってきて、右クリックメニューから「Image Properties」というメニューをクリックするだけで、画像サイズを表示してくれます。

地味に見えますが、毎日の積み重ねを考えると入れて損はありません。

キャプチャーツールの決定版 – Awesome Screenshot

https://chrome.google.com/webstore/detail/awesome-screenshot-screen/nlipoenfbbikpbjkfpfillcgkoblgpmj?hl=ja

個人的に画面キャプチャーツールの決定版です。これまで様々なツールを使ってきましたが、こいつは最強です。
全画面キャプチャ・部分キャプチャは勿論のこと、キャプチャした後に図やコメントを入れられたり、ローカル保存してある画像にも同じ編集ができたりします。

一度使い出したらもう手放せませんよ!

まとめ

今回は個人的に厳選した8つのエクステンションをご紹介しましたが、まだまだ便利なエクステンションは山ほどあります。
でも、あまり増やしすぎてもブラウザのパフォーマンスが低下するので、いらないものはバンバン削除して快適なブラウザ生活を送りましょう。

では、これにて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP