ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

落ち着かない男・さだまさし ボーッとする時も目的はある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 多くの反響が届いた『女性セブン』7月2日発売号のさだまさし大特集。同特集では、多くの関係者に、「さだまさしは○○である」と、人となりを聞いた。さだ本人は、自身をどう思っているか聞いてみると、次の言葉が返ってきた。

「落ち着かないヤツだね。ぼくは本当に落ち着かない男。じっとしていない。ボーッとする時は、ボーッとするという目的をもってボーッとするからね。

 子供の頃、あまりにも落ち着かないので、小学4年生の時に、座禅に行かされたんですよ。半目にすると眠くなるので、あたりを見ていたら、畳のヘリがめくれているのに気がついた。“あれをむしりたい”と思い始めたら、1時間があっという間に過ぎていくわけ。で、お坊さんが最後の挨拶をしている時、そっとむしりとったりしてましたね(笑い)」

 どうやら気になると、そこに集中するタイプ。小学校の通信簿の通信欄には、『落ち着きが足りません』と、常に書かれており、好奇心も旺盛な少年だったという。

「知らないことを知らないままにできない体質だね。疑問に思ったら、納得するまで追究する。昔、鳥取砂丘でラクダの代わりに馬に乗ったことがあって、サラブレッドみたいにきれいな馬だったわけ。気になって調べたら中央競馬会で走ってた馬だった。それで、戦績を調べて騎手に会い、厩舎まで行ったんだけどね。

 そこは、松元省一厩舎で、その翌年にトウカイテイオーが入ったところだった。その縁で、トウカイテイオーの引退式に呼んでもらって、花束を渡せって言われてさ。一晩寝られなかったんだよ。どうやって、馬に花束渡すんだろうって思って。本当に悩んだんだけどさ、当日行ったら、何のことはない、馬主さんに渡すだけだったの(笑い)。

 そういうことを義務とか、苦じゃなくて、普通にやるからね。面白い話は腐るほど転がっているよね。何だろう? 何でこいつこんなことしているんだろうって、聞きたくなるわけ。そういう好奇心は、子供の頃からず~~っと変わんないかな」

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
クマから逃げる方法 目を見ながらゆっくり後ずさりがベスト
南雲医師が伝授する3つの若返り法は、空腹、睡眠、丸ごと食
加護亜依 はさみで手首を切った時の気持ちを明かす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP