ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛猫の所有権めぐって新旧飼い主が裁判 欲深さが浮き彫りに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ネットでも愛犬家、愛猫家自慢がいる。その犬、猫は「家族」なのだろうか。アメリカの猫の「所有権」を巡って起こされた裁判をきっかけに、これまで飼育したペットは200種類以上というコラムニストのオバタカズユキ氏が考える。

 * * *
 震度4でも崖崩れがおきかねない書棚の整理が悪すぎて探し出すまで2時間かかってしまったが、あったあったゴールデンハムスターのイラストが表紙の『ペットまみれの人生』。若い女性向け情報誌の連載ページの単行本化が1996年、文庫にしてもらったのが1998年。すでに古書でしか出回っていないのだけれど、私は昔そういうペット飼育エッセイ本を出したことがある。

 その本の中では36種類のペットらが登場している。ただ著者によるとそれは厳選した一部にすぎず、これまで飼育したペットは200種類以上に及ぶという。実家が熱帯魚をはじめとした動物飼育器具の卸売店で、幼少時から欲しいと思ったペットが入手しやすい環境にあったため、イヌネコ金魚インコ各種あたりはもちろんのこと、マニア向け専門店がなかった当時にフクロウやらグリーンイグアナやら今では環境省レッドリストに入っているニホンリスなども飼ったことがある。

 小学生時代の愛読書は布製カバーのぶ厚い動物飼育事典だった。無類のペット好きであったともいえる。でも、いつもどこかで思っていた。入手して、給餌して、手乗りにして、ものによっては繁殖させて、そして死んで……の繰り返し。結局、人間の気分で人間以外の動物の命をもてあそんでいるんじゃないか、みたいな。

 そういう意識がかろうじてあったからか、ペットに名前をつけても、「ちゃん」づけしたり、服を着せたり、「この子」呼ばわりしたりは嫌だった。飼育動物と人間の境がなくなることに気持ち悪さを感じていたのだろう。その距離感みたいなものは今でも変わっていない。

 先日、「CNN.co.jp」が〈不明の猫を7年ぶり発見、新旧飼い主で所有権争い〉というニュースを流していて、いろいろ考えていたら、そんな自分のペット観について久しぶりに思い出したのだ。

 ニュースによると、米国のカリフォルニア州で1匹の白黒猫を巡って2人の女性が裁判沙汰をおこしているのだそうな。ティファニーさんは2005年から子猫を哺乳瓶でミルクを飲ませて育ててきた。その猫が2007年、行方不明に。1000ドルの賞金をかけるなどして探しまくったが見つけることができなかった。

 野良猫として捕まったのか、その猫は2010年にテレスさんが保護施設から引取った。孫のようにかわいがったそうだが、2014年に診てもらった獣医師から猫にマイクロチップが装てんされていることを知らされた。テレスさんはマイクロチップ会社に電話で名前の変更を依頼、同社が前の飼い主のティファニーさんに登録情報の変更について電話連絡をした。そこから2人の猫好きの争いが始まった。

 ティファニーさんはようやく愛猫が見つかって嬉しかったに違いない。しかし、テレスさんは「5年間暮らした家から引き離されて新しい環境に置かれれば極度のストレスになる」と主張。結局、〈互いに正当な飼い主は自分だと主張して一歩も譲る構えはない〉裁判になってしまった。

 記事を読んですぐ指摘したくなるのは、「保護施設はマイクロチップの有無をなぜ調べなかったの!」という点だが、日本の自治体の動物保護施設や動物病院などでは保護された犬猫すべてにマイクロチップの読み取りをしているとされるけど、アメリカのカリフォルニア州がどうだかは知らない。保護施設といっても、かなりインチキな団体が黒白猫を拾ったのかもしれない。

 そこは情報不足で不明だが、まあともかく、このニュースから読み取るべきはもっと別なところだと思うのである。何がポイントなのか。その答えは、ニュースの見出しの中に入っている。「所有権争い」という言葉だ。

 ティファニーさんもテレスさんも、彼女たちにとってこの白黒猫は、自分の命の次ぐらいに大事な存在かもしれない。なのに、モノと同じ「所有権」の奪い合いになってしまっていることが、どうもこのニュースをただの悲劇だけではない読後感の悪いものにさせている。

 ペット飼育に「所有権」の概念を当てはめる法律がヘンなわけじゃない。むしろ法律はペットを飼育することの本質を指摘している。2人の女性がどんなに白黒猫を愛しているとしても、その愛はとどのつまり所有欲にすぎないという事実が裁判で浮かび上がったのだ。

 2人の女性を責めたいわけでもない。ペットを人間が飼育するという動機の基本形が、所有欲であり、独占欲であり、支配欲とでも名づけるようなものだとつくづく思うのだ。ゆえに、欲と欲がぶつかれば争いごとになる。旧飼い主が「そこまでなついているなら、どうぞ末永くかわいがってください」とならず、新飼い主も「この5年間楽しかった。ありがとう。さあ、元のおうちにお帰り」と白黒猫に言えないのは、欲が深いからなのである。

 仏教的な考え方が根付いている日本人なら、「業が深い」という表現がしっくりくる。業はカルマ。なぜだかわからないけどそうしてしまう人間の心の仕組みのようなもの。それに気づかず固執すると自他に悪循環がおきる。

 ちゃんと仏教を習ったことはないので用語解釈がズレているかもしれないが、私はそう考える。そう考えてみてはどうですかと、ティファニーさんとテレスさんに進言しても通じるまい。そんなことも考えるとこんどは異文化交流の難しさが想起され、日本で同様の裁判がおきたら相当ワイドショーが騒ぐぞなどと想像してしまうのは、たぶん煩悩のなせる業だ。「喝!」である。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
飼い主が準備するペット信託 余命10年の犬で預託金約230万
ペット費用は「一生で200万円」 小型車1台と同等になる計算
カワイイが飼うのに「覚悟がいる」アメリカモモンガの飼い方

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP