ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高校野球取材歴20年記者「夏の甲子園開幕前に読みたい3冊」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏の甲子園が8月6日に幕を上げる。今年は高校野球の全国大会が開かれて100年、節目の年でもある。そこで夏をもっと楽しむための3冊の本を、高校野球取材歴20年を越えるフリー・ライターの神田憲行氏が紹介する。

 * * *
 甲子園の熱心な観戦ファンは、毎年出場校が出そろうとNHKのホームページにアクセスする。アナウンサー・小野塚康之氏の中継担当試合を確認するためである。チームや選手についての豊富な情報、朗らかで明るい口、そしてなによりも高校野球、選手への愛情が節々ににじみ出る中継をファンは心待ちにしている。

 いやファンだけでなく、同じく甲子園で取材をしている記者の中にも小野塚ファンは多い。私もその一人だ。丁寧な質問、真摯な姿勢に学ぶところが多いからだ。

 前書きが長くなったが、その小野塚さんの新刊が『甲子園「観戦力」をツーレツに高める本』(中公新書ラクレ)である。もう、カタカナの「ツーレツ」を見ただけで小野塚さんの「ツーレツな打球!」という声が脳内再生されてしまう。

 本書ではやはりアナウンサーならではの視点、気づきが面白い。たとえば投球を描写するとき、「ピッチャー第1球を投げました」の「た」を投手の指先からボールが離れる瞬間に合わせるという。このあと打者が打てば打球音、見送れば捕手のミットが音を響き、中継は「打ちました」「アウトコース直球ストライク」というリズムになる。

 ところが横浜高校時代の松坂大輔投手の場合、「投げました」の「た」のあとの間が取りにくかったという。

〈「間」が短い、ということは、スピードがあり終速が落ちない証しなのだ〉

 そういうとき、場合によっては「投げました」ではなく「投げた」と短い描写に切り替える。ということはアナウンサーが描写を変えたとき、その投手の球が伸びているということである。今夏の野球中継を聞く楽しみがひとつ増えた。

 選手の想い出話のなかで、我が意を大いに得たりと私が思わず膝をうったのが、91回大会で優勝した中京大中京の8番ライトの金山篤未選手を取り上げたところだった。あのチームは広島カープに入団したエース堂林翔太、安打製造器の河合完治選手などが注目を集めていたが、私も「なにげに金山ってすごくないか」「他のチームにいたら普通に3番センターだろ」などと思い、本人に取材していたのだ。

 同じ思いを小野塚さんと共有できていたことがわかって嬉しい。いやこれは金山が凄いのか。とにかくそんな選手がずっと8番ライトの「ライパチ」なのだから、そりゃ、あのチームも強かったわけである。

 野球中継の見所・聞き所が増え、選手話にそうそうと頷いてしまう、楽しい本である。

 ちょっと前に出て売れ行き絶好調と聞くのが、『小倉ノート 甲子園の名参謀が明かす「トップチーム」の創り方』(竹書房)だ。

 著者の小倉清一郎さんは、元横浜高校野球部部長で、松坂大輔投手や涌井秀章投手などを育てた「名伯楽」として知られている。私は98年に出した「ドキュメント 横浜vs.PL学園」で取材させていただいて以来、折に触れて高度な野球理論について話を伺っている。この本は小倉さんの集大成ともいうべき内容だろう。

 内容は選手のスカウティングの基準から練習方法まで多岐に渡るが、この夏、高校野球をより楽しむ視点として有効なのが、まず、

〈(対戦相手の打者の)打席に入る前の素振りを見る〉

 だろう。理由は、

〈だいたい自分の好きなポイントを狙って振って、嫌いなところは振らないから〉

 内角のストレートをイメージしているのか、外角の変化球をイメージしているのか。素人が素振りでどこまでわかるかわからないが、目を凝らして見てみたい。

 試合前のシートノックでは相手キャッチャーの肩を見る。

〈「見せ肩」なのか「本物の肩」なのか〉

 シートノックの終わりなどに、捕手が盗塁を想定して二塁に送球する。そのとき1、2歩、無駄なステップを踏んでいるとき、それは「見せ肩」だという。良い送球しているようにみえて、無駄なステップを踏んでいる分だけ本番の試合では間に合わない、見せかけの肩だという意味だ。

 さらに守備力を測る目安が「偽投サード」。ランナー二塁のときに、三塁ゴロでサードが一塁に投げるふりをして、ショートが三塁に入り、二塁から走ってきたランナーをタッチアウトにするプレーである。このとき投手はわざわざ三塁ベースカバーに入ろうとする仕草だけする。すると二塁走者は三塁ベースががら空きになっていると勘違いする、というわけである。

 内容が濃いでしょ? でもこれ、横浜高校野球部に入ったら、覚えなきゃいけないんですよ。今年、1、2年生のレギュラークラスの選手を取材していて、「横浜に入っていちばん驚いたことはなに?」と質問すると、異口同音に、

「覚えることがたくさんあることです」

 と答えていた。練習量の多さ・厳しさではなく、覚えること。その一端に触れることができる本である。

 最後に取り上げたいのが小説『雲は湧き、光あふれて』(須賀しのぶ著、集英社オレンジ文庫)である。

 おもに10代の若い読者を中心に人気を集めている「ライトノベル」「ライト文芸」といわれる小説のジャンルがある。設定がユニークで登場人物に感情移入しやすく、難しい言い回しや言葉が出てこないので、手軽に楽しめる。この小説もそういうジャンルの小説だ。

 普段は私はそういうジャンルの小説は手に取らないのだが(想定読者ではないので)、タイトルになんとなく惹かれるものがあり、手に取った。「雲は湧き、光あふれて」というのは私が好きな夏の甲子園の大会歌の出だしである。

 3つの中編小説からなる。

 最初の『ピンチランナー』は、足だけが速くてベンチ入りぎりぎりの主人公と故障で試合出場できなくなった元スラッガーの同級生の物語である。スラッガーが「代打屋」として復活し、主人公がその専門のピンチランナーとして起用されることになるが……という筋立ては新鮮で面白かった。

 2作目の『甲子園の道』は、新人女性スポーツ紙記者の話だ。喋りの上手い生意気な高校生が出てきて読者はリアリティを疑うかも知れないが、「こういう奴はたまにいる」と私が断言する(笑)

 この2作は主人公の滑らかな語り口で一気に読まされてしまう。ライト文芸の魅力を教えてくれた。

 だが表題作ともなっている最後の『雲は湧き、光あふれて』は一転して描写が変わる。漢字が多用されて、ページが黒く、重い。

 息を詰めるように読んでいって、本を閉じたとき、私はこの中編を若い読者に届けようと考えた作者の想いを想像した。そして強く共感した。

 私はいつも甲子園の取材席で8月15日の終戦記念日のサイレンを黙祷し、目を開けた瞬間、目の前に広がる光景に「平和」という想いを強くする。今年は開会式で流れる「雲は流れて」にも、この小説を想い出し、「平和」を感じ取るだろう。開会式の見方が変わる小説である。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
野茂英雄、福本豊、伊藤智仁、王貞治の「伝説の真実」に迫る書
甲子園取材18年で初めて泣いた 開会式から静かな感動広がる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP