ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IT系行く!と小料理屋継がず家を出た息子が土下座し実家復帰

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「人生最大の幸福は一家の和楽である。円満なる親子、きょうだい、師弟、友人の愛情に生きるより切なるものはない」とは、細菌学者・野口英世の言葉。今回は、58才・自営業男性の家族との愛情の深さが滲む感動のエピソードを紹介します。

* * *

 わが家は3代続く小料理屋。 小さいながらも常連のお客さまにかわいがっていただき、連日、満席をいただいておりました。

 夫は朝早く起きて市場に仕入れに行き、私がその間に家事を済ませ、午後からふたりで店の準備をして夕方に開店。閉店後も翌日の仕込みや掃除をして…。帰宅する頃には時計の針はいつも深夜0時を回っていました。

 そんな私たちの支えは息子でした。何を言ったわけでもないのに、幼い頃から夫にくっついて手伝ってくれる息子に、私たちは自然と跡取りを期待していたのです。しかし、息子が大学生になった時でした。

「IT業界に進む。店は継がない」

 思いもよらぬ息子の言葉。私たち夫婦は後を継いでほしいと説得したのですが、息子はとうとう家を飛び出してしまいました。

「おれの代で終わりか…」 夫はそう呟き、肩を落としました。

 それから数年が経ったある日。夫の体に異変が起きました。筋肉が委縮する病気になってしまったのです。

「料理を作るどころか、歩くことも、しゃべることも難しくなる」

 医師からはそう宣告されました。夫の病状を息子に電話で伝えたのですが、結局、戻ってはくれませんでした。それから数年が経ち、次第に包丁を握るのがつらくなった夫は、店を閉める決意をしました。そしてそんな時、息子がひょっこり帰ってきたのです。

「いくつかの店で働いたけど、親父以上の板前はいなかった。頼む、おれに一から教えてくれないか」

 店の玄関先でいきなり土下座をした息子は真剣な表情で夫にそう言いました。聞けば、1度はIT企業に入社したものの、やはり料理が好きだと気づき、ほかの店で修業をしていたというのです。「馬鹿野郎、まずは皿洗いからだ」と答える夫の目には、涙がにじんでいました。

 今、板場には息子が立っています。「まだ親父さんには敵わねえな」と常連さんにからかわれながら、夫の料理を継いでくれています。

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【書籍紹介】日仏中 新・世界三大料理の歴史や魅力に迫る本
41才バカ夫 ひやむぎのピンク色麺を5才息子から奪い上機嫌
肺がんで亡くなったシルヴィアさんを菅原洋一が振り返る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP