ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京BBQにお困りのアナタへ、穴場の「THE THIRD PARK SAKAIMACHI 」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE土曜午後の番組「ATELIER NOVA」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN COME ACROSS TOKYO」。7月25日のオンエアでは、アウトドアパーク「WILDMAGIC-THE THIRD PARK-」に注目しました。

連日、30度を超える猛暑日が続き、夏も本番。夏といえば、BBQですが、東京には気軽に行けるBBQ施設がなかなか無いのも現実。そんな中、東京で気軽にさまざまなスタイルなBBQを堪能できる「WILDMAGIC-THE THIRD PARK-」を紹介。

ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線、新豊洲駅から徒歩2分の場所にある同施設。約1.6ヘクタールの敷地で構成された都心型アウトドアパークで、本場のアメリカンスタイルのバーベキューが楽しめ、食材と機材がセットになっているので手ぶらで行くことができるのが特徴です。

子どもやアウトドア初心者、上級者まで楽しめる同施設は、都心にいながら電車でBBQを楽しめ、夕焼けや高層ビル群の夜景も堪能できます。食材のほか、まな板や包丁、アメリカンなグリルなどすべてレンタル料金でそろえることができ、思わず「ここ、東京だっけ?」と思ってしまうロケーションで人気となっています。

入り口からアメリカンな雰囲気が漂っており、食材も、ワイルドな野菜串やシュラスコポークとアメリカンステーキ、ビアカン・チキンという鶏を丸ごと焼き上げるチキンなど、まさにアメリカン・スタイルなワイルドなメニューばかり。食後にはデザートやマシュマロも付いてきます。

都心にお住まいの方ならお馴染みの同施設ですが、実は、観光近郊で新たなアウトドアスポットを展開しているのをご存知でしょうか? それが、7月15日にグランドオープンした、雄大な利根川の河川敷で、水と緑の景観を誇る茨城県の境町の「THE THIRD PARK SAKAIMACHI 」。こちらも、手ぶらでアメリカンスタイルの本格的なBBQが楽しめます。

まず、こちらの特徴は、受付が道の駅「境」ということ。朝どれの新鮮な野菜や特産品、たとえば境町の特産である「猿島茶(さしまちゃ)」で味つけした骨付きチキンなども販売しており、地元の食材を堪能できます。

もしも、都心のキャンプ場が予約がいっぱい……なんてことがあれば、こちらはまだまだオープンしたばかりの穴場スポットですので、早めの予約がオススメ。詳細や予約などは公式ホームページにて。猛暑日が続きますが、夏の特別なアウトドアを体験してみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「ATELIER NOVA」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/atelier/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP