ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大炎上】市長が失言「通り魔は全員孤立したオタクだ」「オタクとは人と交わらず家族とも会話しない人」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

市長という地位にありながら、とんでもない発言をしてしまい、大炎上している。頻繁に発生している通り魔事件の犯人について、市長が「通り魔は全員孤立したオタクだ」「オタクとは人と交わらず家族とも一切会話しない人」という発言をしたのだ。

・オタクたちの怒りに火がついた
問題発言をしたのは、台湾の台北市長。彼は2015年7月21日、連続して発生している台湾の通り魔事件に対して言及。そこで「通り魔は全員孤立したオタクだ」と問題発言をしてしまい、台湾全土から批判の声があがっている。台湾のオタクたちの怒りに火がついたのだ。

・炎上しても仕方がない
その誤解(?)を解くべく、「オタクとは人と交わらず家族とも一切会話しない人」と補足したが、むしろそれが火に油を注ぐ結果となり、もっと大炎上してしまったのである。最初は「オタク=通り魔」という表現をし、今度は「オタク=コミュニケーション障害」ともとれる発言を市長がしたのだから、炎上しても仕方がない。

・日本のインターネット上の声
「これは、誰でもブチ切れるわ」
「こんな発言する人間ってなんだろうね」
「自分の世間知らずぶりを露呈しただけ」
「これ、最有力次期総統候補なんです」
「オタク叩きかよ! 流石にオタク叩きはまずいんじゃ?」
「判断能力と責任が問われる市長職からは退くべき」

・オタクの人口比率も多い
台湾は日本の「萌え文化」を理解している若者が多く、そしてオタクの人口比率も多い。それゆえ、オタク文化を理解していない市長の発言に、多くのオタクがショックを受けたのは間違いない。

https://youtu.be/BIoqOXmDnFc

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+
Via: フォーカス台湾

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP